« 1972年 | トップページ | 時計はいつまでがヴィンテージなのか »

2020年3月 9日 (月)

セイコーの新製品

Zama59c96g_l 

今回のセイコー新製品の一番大きなトピックは、なんといっても新GSハイビートの新ムーブメント9SA5であろう。既にプレスリリースを基にした紹介記事や解説記事をWeb上で見ることができるため、興味をお持ちの方々は既に十分に読み込まれていることと思う。

この機械の見るべきところはまずもちろん新型脱進機である。デュアルインパルスエスケープメントとあり、一般的なスイスレバーと大きく異なる。ぱっと見コーアキシャルのようにも見えるが、これはデテントの発展形だ。延長線上にロビン改のAP脱進機があり、そしてこの脱進機があるとみる。脱進機はごく単純に言えば、効率の追求とエラーのせめぎあい、それに作りやすさの3軸があるとの認識で、効率という観点からはスプリングデテントが一つの理想である。しかし自己スタート機能がない、外乱に弱い等の理由で主な用途はマリンクリノメーターだ。これを腕化すべく各社はトライアルを続けてきたが、今回セイコーがこれをモノにしたことは非常に大きなエポックと言える。LIGAプロセスによるシリコンパーツによってこの機構が実現したことは疑いない。肉抜きされ軽量化された非常に精密なパーツ群だ。ただしシリコンパーツの好き嫌いはあると思う。セイコーのような巨大企業なら、今後このムーブメントもパーツも量産していくだろうし、倒産リスクも少ないだろうから、将来的にこの機械を維持できるとは思うが、無からこのパーツを作るとなると小規模ではほぼ不可能だろう。

二つめのポイントは自動巻きだということである。少なくともこれまでは、このような新型脱進機を備えた時計の初作は手巻きが多かった。しかしセイコーはこれを自動巻きにした。それもダブルバレルの80時間パワーリザーブと、最近の3日巻きトレンドをやや超えてきたところが、次世代を睨んでいる感を強く醸し出す。

三つめのポイントは、天真の縦アガキをファインアジャストできる両持ちのバランスコックを備えていることである。このような機構は過去あったのだろうか。アイディアとしては思いつくので懐中にありそうな気がするが、量産型の腕時計の機械で装備しているものは思いつく限りでは初めてだろう。新型脱進機採用に当たり、何らかの課題の解決策に違いない。ガンギを開放する際は問題となる衝撃は発生しないが、通常の振石ではなく、もうひとつ加わった振り座の爪石で受ける衝撃はそれなりにあり、支える天真のほぞと受け石の関係が特殊で精密な調整が必要なのかもしれない。さらに天真の横異動を嫌ったことが巻き上げヒゲ採用の所以かもしれない。最初から巻き上げヒゲありきではなく、解決策の一つが巻き上げヒゲなのではないか、という勝手な想像。いずれ技術的なことが明らかになればこの真意も分かってくるだろう。ともかく単純に面白い機構だな、と思った次第。

次に見た目について記す。ぱっと見では、これまでの9S系よりも大きく仕上げも見た目も向上させたな、というのが第一印象だ。それと同時に、どこかで見たような意匠だな、という感覚も湧き上がる。ローター周りはドイツ系(Zeitなヴィンケルとか)、ブリッジの分割センスもなんか見たことがないだろうか。バランスコックの調整青ネジがでかくてこれは目立つ。ただし馬鹿穴はほとんど見えない。これまで見たいろいろな機械のハイブリッドのような印象である。セイコーとしてオリジナルのものを作り出すのはなかなか難しいとは思うが、もう少し芯というか軸があってもいいのでは、と思った次第。叡智の延長線上のデザインルールはほぼ無いし、ロードマーベルから3180と続く古のテイストも無い。ただし個人的にテンワのデザインは好きである。まあぶっちゃけ言うと機構は凄い。仕上げは高級機械としてようやく水準に達した(写真ではJLC同等レベルか)が、デザインは刺さるものはない。そんなところか。

さてようやく外装に移る。これは完全に個人的な趣味になるから主観が人によって違うのは当たり前。そのうえで個人的な感想を書く。一言でいえばこれまでのセイコーのデザインがアクの強い方向に進んで爆発してしまった感じ。最近のトレンドであるエレガンスコレクションを今回もそれなりの価格で出していることもあり、それとのバランスでこちらは力強くいこうという魂胆はあったものと想像する。しかし12時のインデックスなど、何故ここまでにする必要があるのか。ひたすらに分厚さを出している針はどうか。仕上げは文句ないだろうが、その前のデザインの段階で、正直欲しいと思わせるものはない。YGのケースと、ややグレーかかった文字盤の色のバランスは悪くない。写真映りでずいぶん印象が左右されるところであろうから、ここは本物を見てみたいところである。

当然グラスバックで機械が見えるわけだが、これを閉じてしまうという判断は、まあ無いだろうな。で450万円なり。国産機械式時計の完全なる新たな1ページを開いたのは疑いない。ただし製品としてほしいかと聞かれれば、この値段出して買う時計ではないと思う。競合が多すぎる。でも世界には凄い人たちがたくさんいるので、あっさりと売り切ったならばこの価格は妥当だったのだろう。売り切るかどうか非常な興味をもっている。

それと、この機械は次世代のGSのベースになるものだ。今後リファインまたは簡素化されつつ様々なモデルに積まれてくることが予想されるので、次年度以降の展開には大いに期待したい。

長くなったが次。GSエレガンスコレクション。まあ高いわな。この価格なので競合多数、これも売り切ることができるか。売れなくなる(上げ方向での)限界価格への挑戦を継続中。それこそが市場価値なので、買う人がいる限りどんな値段を付けようがメーカーの自由。

6r7d7cbr5y

一番書きたかったのが実はダイバーについて。この三部作、外胴以外はケース素材の違いと、文字盤カラーを変えただけのリニューアルだ。価格も相当上乗せされている。こういう限定が2~3年スパンで出るということに対して、ただ「売りたい」というメーカーの気持ちしか伝わってこない。今回は3180改め6180というファーストレプリカも出たが、これこそ最たるものである。これまでGSファーストは復刻されてるごとに売り切っているので、何度でも狙いたくなることは「メーカーの心理として」理解できる。しかしコレクターにとってみれば、ほしいと思っている時計の復刻が出たとしても、いつ買えばいいのか疑心暗鬼となる。決定版は何なのか、これなのか、違うならいつ出るのか、いつになっても決めキレずモヤモヤするのである。今回の62MASは8L35から55ハイビートに、ケース素材が変わってプラス30万円。68ハイビートはケース素材が変わってプラス15万円。前の価格を知らなければ検討・購入する人もいるだろう。ただし特にセイコーダイバーは根強いファンがいるジャンル。彼らの多くは完全に置き去りだと思うけど、1100本オールが売れるのかどうかこれも非常に興味がある。ブルーグレーの文字盤についてはこれも個人的な趣味なるので感想は特にないが、手持ちの3年前の62MASのグレーダイヤルは非常に気に入っている。

最後に6180。No Limitとのことで、限定ではなくカタログモデルのようである。プレミアがついた前回のSSモデルを意識してか、SSは出さずにチタンが出てきた。前回との違いはグラスバックになっていることくらいか。これによって必然的にケースバックのGSメダルが無くなった。これでGSファーストの復刻はたぶん4回目だと思う。3年前の復刻時にケースサイズが38mmとなり(その前の2011は35.8mm、オリジナルの3180は35mm)、今回も踏襲している。機械を自動巻きにしていないのはポリシーを感じて良いと思うところ。クオリティはSeikoそのもので十二分と思うが、ケースバックから9S64を見たいと思うかどうかは人それぞれである。これまでの3回はいずれも数量限定復刻だったが、今回は息の長いモデルとなるのか。ただし価格について、今回のYGは280+税。たしか2017は180+税だった記憶があるので今回はずいぶん強く出たな。完全に三大と比肩する価格であり、手巻きと考えるとむしろ高いかも。価格上昇はナタフショックのレベルでは。

こちらもお手並み拝見である。

 

|

« 1972年 | トップページ | 時計はいつまでがヴィンテージなのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1972年 | トップページ | 時計はいつまでがヴィンテージなのか »