« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月 9日 (水)

呪縛から逃れるシリーズ(2)エボーシュ

Unknown

 歴史的側面から書いてみたい。まず1600年代頃に一般的であったバージの懐中は、姿勢差や温度変化にも弱く精度の面ではレバー脱進器以降と比較にならないものであった。この時代の懐中は文字盤から何から本当に手作りで、今のプロダクトのレベルからすると手作り感がありすぎの一品もので、いわば機能性装飾品と言える。シリンダー、デテント、アンクル脱進器になってくると計時機能そのものを実現する携帯ガジェットに進化し、1800年頃以降、ムーブメント、文字盤、針、ケースなど構成部品製造はほぼ完全に専業メーカーに分業されていく。餅は餅屋の世界である。

 数百年分を恐ろしく端折って書くが、大航海時代は経度の認知に必要なマリンクロノメーターが実用化、発展し懐中サイズになり、英国・フランスから製造主体がスイス、アメリカに移ると、鉄道の発展とともにレイルロードグレードというものができ、1900年頃までは欧州とアメリカで時計産業が活発になっている。特にアメリカの時計産業が発展したのは、同じ形式のムーブメントでも個体ごとに作っていたため例えば一つのブリッジが他の同形式ムーブメントにはジャストで合わないという製造方法から、個体によるパーツの互換性が確保されたことが大きい(修理が容易)。アメリカでもパーツは基本的に専業メーカー、すなわちサプライヤー製である。出来上がった製品はウォルサムでも、それぞれパーツは専業メーカーが作っている。顧客はムーブメントのサイズとグレードを選び、デニソン製等のケースのグレードや形式を選び(金・銀・金張り、ハンター、ハーフハンター、オープンフェイスなど)・・・そして出来上がった時計が納品となる。パーツの中の重要なものとしてムーブメントがあり、アメリカ懐中産業が死にゆくなかでスイスは腕時計産業として生き残るが、ここでもパーツ専業メーカーが狭い地域(ジュウ渓谷など)に集まった環境から、完成品としての腕時計を市場に送り出すという形式が続いていたわけだ。この時代は19301950年代の機械式時計黄金時代を含む。

 ここでやっとムーブメントの話。この頃は多くのムーブメントメーカー(エボーシュメーカー)が存在し、多種多様なムーブメントを時計製造業界に供出していた。時計メーカーは機械を含めサプライヤーが作ったパーツを組み合わせて製品として世に出す。極論すれば時計ブランドは、全体設計およびアッセンブリー・調整・仕上げ屋だったわけである。パーツに関していえばサプライヤー、すなわち餅は餅屋のほうがクオリティは高いし安いはずだ。ただし全体のパッケージとクオリティを決めるのは時計ブランド側だ。これこそが時計メーカーの意義であった。

 ところが1990年代以降の機械式時計産業復興時点では、数多あったエボーシュメーカーはクオーツの荒波を乗り越えることができずに極端に減少し、エボーシュ連合としてSMH(SSIH)グループ(現スウォッチグループ)内にETA/ Peseux/ Valjoux/ Unitas/ Lemania等のみが存在する状態となり、市場に供給できる機械の形式は極めて少なくなってしまった。その結果、市場に存在する機械式時計の多くが28922824、という世界になったわけだ。この構造が市場にバレ始めると、高級ブランドを目指すメーカーはムーブメントを自社開発し、「マニュファクチュール」を標榜することで差別性・独自性を誇示することとなった。ムーブメントばかりでなく、QCの意義もあり各種サプライヤーを時計ブランドまたはそのブランドが所属するコングロマリットが買いあさり、多くの有名時計ブランドはパーツを自社またはグループ内で調達可能な垂直統合方式が主流となった。極めて乱暴に言えば、これが現代の時計産業メジャーの姿である。

 まとめると、特にムーブメントを自社開発する必要に駆られたのは実は90年代以降、事実上はETA2010年問題も絡むここ十数年の話であり、クオーツが席巻する以前はエボーシュメーカーが供給するエボーシュをもとにほぼ全ての時計が作られていた。断わっておくがJLCもエボーシュメーカーの一つである。

 ここで大多数が気付くことは、自社開発機械かエボーシュの採用かは、昔は意味がなかったということであろう。またJLCUnitasLemaniaCortebertEnicar等多くのエボーシュメーカーも外装パーツを買ってきて、自社ブランド銘の時計を世に出していた。機械は文字通り心臓部だから、エボーシュメーカーが時計ブランドになりやすいという構造はもちろんあった。

 しかし考えてみれば機械式時計黄金時代の名作と言われた時計は、優れたパッケージと高いクオリティを持つパーツの採用による絶妙なバランスを持ち、かつ優れた組み立て・調整・仕上げがなされたものであり、機械がどこで作られたかはあまり関係ない。これを現代に当てはめると、エボーシュの採用を卑下する態度は、そもそも認識不足だと考える。これではAPVacheronの名作群も卑下されることになる。Patek130や初期96などどうするのか。

 昔から時計メーカーは、パッケージを設計してアッセンブルしていた。どの機械を使ってどのように仕上げるかは勿論時計メーカーの裁量であった。目的のものを作り上げるために、今世にある何を使ってどうするのか、ここで取りうる手段としては、新たに一から作るよりも信頼性もある現物を加工して仕上げるのは最良の答えであろう。ただし、機械の選択肢が豊富にあった時代と、その選択肢が狭まった現代という違いはある。

 しかし状況は「マニュファクチュール至上主義」時代、すなわち2000年代から更に先に進んでいる。設計手法や試作手法、工作機械や材料など機械製造業を取り巻く環境も大きく変わってきており、優れたクオリティの各パーツサプライヤー・エボーシュメーカーが業界内外に増えつつある。

 こうした状況を踏まえると、昔の時計ブランドのように純粋に設計し、パッケージングを整えてアッセンブルする時計ブランドがエボーシュを採用することは何ら卑下されるものではない。より重要なのは設計すなわちパッケージングと、高度な組み立て調整や仕上げであると思う。

 ETAポンなどと言って卑下していた時代は、もう昔のことだ。我々時計を趣味とするギークは、あまたの時計ブランドが構築してきたマニュファクチュールというポエムから脱出し、本当に良い時計とは何か、いま一度考え直すステージに到達する必要があるのではないか。(そのころにはETAの凄さも認識していることだろう。)

 今思うことは、時計のもっとも重要な軸はパッケージである、ということだ。これに尽きる。そのパッケージを作り出すために必要なパーツが現世に無いのであれば、機械も文字盤も針もケースも一から作る、あるいは作ってもらうしかない。ただそれだけのことである。

| | コメント (4)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »