« 2016年12月 | トップページ

2017年8月18日 (金)

"好き嫌い"と"良し悪し"の話

趣味は基本的に好き嫌いの世界だ。好きならすればよい、嫌いならやらなければよい。
時計のコレクションも趣味として成り立っているように見えるので、この軸で言えば、「好きなら買え」「嫌いなら買うな」で終わりである。
しかしそれでは良し悪しの話に永遠に進まないので、思いつくままにもう少し書き進める。





「好き嫌い」は、ほぼ、その人の感性による。あくまで個人に立脚するので一般化・普遍化できない。強いて言えば「綺麗なもの」「カッコいいもの」が好き、ここまでは言えるかもしれないが、どんなものを綺麗と感じるか、カッコいいと感じるかは、一般論として論じることができない。感性は感情と置き換えることも出来るかもしれない。きわめてファジーなのである。
一方で、「良し悪し」は、それを判断する為に”知識”と”経験”が必要である。言い換えると知識と経験に基づく「知性」である。特に”知識”は、一般化・普遍化・明文化できる。あまりファジーではない。”経験”も、好き嫌いという”感性・感情”ほどファジーではないだろう。

以上を単純化すれば、「好き嫌い」は”感性”、「良し悪し」は”知性”による。このエントリの結論はこれである。

ここでさらに時間軸を与えて考えてみる。
どんな人も、最初にその道に入ってきた時の知識は殆どゼロだ。
もし時計を買おうとする場合に、大多数の人にとっては限りある予算の中で良いもの・好きなもの・似合うもの・使い勝手のいいもの(後者2つもファジーだ)を選びたいだろう。
ここで「似合う・似合わない」という軸も出てきた。似合うか似合わないかは第三者目線も必要だし、自分が日常で着用するかどうかということの延長には「使い勝手」も出てくる。
趣味が高じていくと一般的に多数所有するようになり、その段階ではもはや「似合う似合わない」「使い勝手」もあまり意味をなさなくなる。しかし数が少ない段階では、これらの評価軸は非常に重要だ。尤もコレクションが何本になろうが「似合うか」「使い勝手はどうか」に拘る人もいるわけで、それはもはや好き嫌いの範疇にすら入ってしまうかもしれない。

入門した時点で、意欲的に知識を蓄えようとする人と、そうではない人は時間とともに大きな差が出る。そうではない人は、おそらく趣味には至らない。そしてその知識は、参照したソースやその質によっても、大いに差が出ることは言うまでもない。ここで、以前書いたエントリ「"耳年増"の評価」の内容も大いに関わってくるが、それは世間的な評価と真実は違うんじゃないか、という「知識」の中身について論じただけにすぎないので、ここではまるっと「知識」ということで片付けることにする。

知識と経験が増えると、おそらく良いもの・悪いもの(良いとは言えないもの)が判断できるようになってくるはずだ。かくして知識が増えていくと、すべてを悟ったような気になる時期を迎えるが、それ超えた先では、これまでの時計産業・時計学には恐ろしい膨大な人類の英知が存在していることに気が付くだろう。そのころには、すっかり好み(好き嫌い)も確立しているはずだ。
知識と経験が増える過程において、それらが好き嫌いに影響は与えることはもちろんある。ネガティブな情報によって好きなものの見方が変わってくることは、往々にしてあることだ。

かくして好き嫌いは、知識と経験によって時間とともに先鋭化されていくのである。

最後に、広田さんに言われて気がついた一例をあげる。
私が大好きなJLCのCal.822。最近の時計に入っているのは822A/2という機械だ。後者はフリースプラング化しているのでスピロフィンもチラねじも無し、テンワは2対のミーンタイムスクリューとなった。良し悪しで言えば、おそらく後者のほうが機能上「良い」。JLCはこの機械を約20年かけて進化させたのである。しかし個人的な好みはやはりオリジナルの822。あれが好きなんだからしょうがない。これこそが感情であり感性なのだ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

オススメAffordable Watches

15年前なら「NOMOS買っとけ」で済んだ10万円台~20万円台クラスの機械式時計。

しかしNOMOSもじわじわと値段が上がり、あの頃のざっと倍以上だ。NOMOS亡き(無くなっちゃいないが)あとのこのクラスのおススメを、結構ガチで書くことにする。ある意味、時計趣味20年の集大成だ。言っておくが極端なレアモデルでもなんでもなく、各メーカーWebサイトに普通にカタログモデルとして確認できるものばかりだ。全部で10本を選んでみた。順不同。



Doxa Sub300

好きなら買え、の代表。渋すぎる選択だが、コアなダイバーズウォッチファンからは称賛されること間違いなし。言っておくが「コアな機械式時計ファン」程度では、このモデルの良さ・渋さは理解できない。コアなダイバーズウォッチファン限定だ。でもこのような層は全世界でたぶん数千人規模だろうな。それでも良ければ買え。私は10選のなかで一番欲しい。だから最初に持ってきた。

1_sub300

Oris Divers 65

これは伊勢丹でも買えるほどポピュラー。最近のOrisは本当に素晴らしく、Aquisなど強烈にお勧めしたいモデルはほかにも多数あるが、やはり極めつけはなんといってもコレ。Orisの経営者もデザイナーも本当に分かってるし、要は相当な好き者が、自分が好きなモノをただ作っている。価格設定のキャップは常にあるはずだが、それを感じさせず最善の努力をしている。だから妥協がない。渋い。文句ない。買え。ついでに言うと、限定だがBig Crown 1917はこれまた本当に素晴らしい。中身は芹田だがそんなことはどうでもいい。
2_oris65

Tissot Heritage Navigator

これも分かっている人しか手にできない、踏み絵的時計。Tissotであるところがまずその時点で踏み絵。これを現代にこの値段で出現させたTissotは本当に偉い。作ってるほうも偉いが買うほうも偉いぞ。あなた、分かってるね!この感覚に到達するまで、 みんな時計を極めるのだぞ。カネ持っているから偉いんじゃない。どれだけ時計が好きかでこの世界は決まるのだ。

3_tissot

Eterna Super Kontiki

エテルナもまだこの時計を作っているのだ。それだけで偉い。エテルナブランドの歴史上の価値を正しく理解し、このブランドアーカイブを正しく現代流に解釈するとこうなる。未だこれを所有する日本人にはリアルでもネット上でもお目にかかったことはないが、もし居たら、私はあなたにひれ伏す。写真は限定だけど次のblogのデイトモデルも良い。これ見たらETERNAの見方が変わると思う。

http://www.ablogtowatch.com/eterna-super-kontiki-date-watch-review/
4_eterna_super_kontiki

Glycine Airman

もう、ね。グリシンと言えばエアマン。これは熟語。切っても切れない。そしてグリシン(グライシンとも)はエテルナ同様、このモデルの歴史的価値や意味をきわめて正当に理解し、評価し、その結果をこの世に出し続けている。こういう姿勢をメーカーに続けてもらい続ける意味を込めても、買え。2014年に出たオリジナルNo.1がベストとは思うが残念ながら限定。カタログモデルならVinhtageDC-4、エアマンは24時間干支モデルしか買っちゃダメですよ。67年モデルを復刻させたSSTも捨てがたい。
5_glysin

Laco Friegeruhren

何種類か出ており、未だに本家が作っているんだからホンモノだ。復活ランゲも作っていない。本家が作る本物の意味を本家が正しく理解しているからこそ(もうしつこい)未だに新品で手に入るルフトバッフェ。経年加工したやつとか身悶えするほど雰囲気出ているぞ。買え。おっとMIYOTAのやつは未だに一桁万円で、10万円台ですらない。筆が滑ったと思ってご勘弁を。
6_laco

Meistersinger No.2

徐々に知名度を上げているマイスタージンガー。しかし15年くらい前は本当にレアな時計だった。同社の時計と言えば代名詞の一本針。これをしているビジネスマンなど見たことも無いが、きっとそれはみないつも時間に追われているからだ。本当のベストバイは15年位前に出ていた装飾ユニタス入りの限定モデルだが、未だにこのユニタス入りを作り続けているなんて感動的ですらある。
7_no2

Stowa Marine Klassik

シャウアーさんが作ってるんだから間違いない。マリクロデザインの時計は様々なメーカーから出ているが、値段と出来、さらには「わかってる感」を加味するとStowaは文句なくおすすめ。是一本君なんか超絶にカッコいいぞ。スモセコ大好きな私があえてMarine Originalを選んでいないのは、スモセコサークルがちょっとだけ小さいと感じるのと、このセコンド針のすーっと細長いこの清々しさに惹かれるから。
8_marine_automatik

Zodiac Super Sea Wolf

Zodiacといえば、AstrographicSea Wolf。もうメーカー名だけで渋すぎる。Sea Wolfは現在53モデルと68モデルを出していて、両方とも文句なくオススメなのだ。53モデルなら、よりダサい三角インデックスをチョイスしよう。完全に個人的趣味となるがレトロフューチャーでダサカッコいい68年モデルを、ダサさそのまま復刻しているあたりに、メーカーの良識と自らのアーカイブに対するすさまじい情念を感じざるを得ない。特に写真の青赤モデルはセンス最高。
9_zodiac

Lundis Bleus Royal Blue

現物観たことないけど評判がすさまじく良い。作り手の気持ちが時計に入っていることが写真を通じても伝わってくる。独立系の時計師がやりたいことをやりだすと法外な値段になるのが常だが、この価格でここまでやりたいことを具現化しているのは素直に凄いと思う。たぶん10年後には価格が倍になる。好きなら今、買え。
10_lb_rb

 

意外とダイバーズの良品が多くなった。特にダイバーズが好きな人たち(ロレサブ”が”好きな人たちなどは除く)は独特なセカイを構築している。そんな環境を熟知している各メーカーは、その立ち位置をしっかりと理解しているから、復刻時に意味不明なアレンジをしない。これがこの結果になっていると思う。

また上の10本は、買い方にもよるが全部入手しても150くらいの軍資金で何とかなるだろう。同じ資金で雲上手巻き3針を1本買ってもいいが、この10本を買ったほうが趣味的にははるかに凄まじい、と思う。書いた私にはとても出来ない。

あと上記以外にも気になるモデルはあって、例えばHelsonGauge TBとか、JeanRichardTerrascopeとか。

最後にアンダー5万のベストバイもついでに書いておくと、今なら文句なくSeiko Re-issued 3rd Diver Turtle”。 
すべて #個人の感想です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ