« 原理主義というか最初の刷り込み主義 | トップページ

2016年12月23日 (金)

Bracesのススメ

Img_3993

この2年くらい、ブレイシーズを愛用している。日本語で言えばズボン吊り。所謂サスペンダーですな。

何故愛用するに至ったかというと、もう中年オサーンになると、いくら痩せ型とはいえ腹が出てくるわけ。そして直立姿勢でのベルト位置では、着席時、特に満腹時などはベルトがきつくて、場合によっては(もともと消化器系が弱いのもあって)お腹の調子が悪くなってくることすらあるわけで。そういう切実さもあり、いつか試してみたいと思っていたわけである。

ある時思い立ってサーストンのブレイシーズを2本と、ブレイシーズ用のクリップオンボタンを購入し愛用している次第。クリップオンボタンはサーストンから出ている、ボタン専用のブレイシーズをボタンなしのパンツに用いるもので、国内でも4千円前後で入手できるもの。

さて使ってみてどうか、これは本当にメリットが多く、以下に列挙する。


Pros

・お腹を締め付けなくてもパンツが下がらないから楽。

・シャツの裾が出るのを気にするが必要ない。

・クリースがしっかりと出てパンツのラインが綺麗に。

・痩せたり太ったりするたびに2~3センチ単位で直していたパンツの、直し頻度が激減。

  (個人的にはこれが特に大きなメリットだと思うんだよなあ)

・ハマればお洒落に見えるかも。(しかし単なるおぼっちゃま君になるリスクも)


Cons

・トイレで大をするとき。特に緊急事態は。


という感じで、まあよく言われている通りである。

以降ビスポークしたパンツは3本あって、全てブレイシーズボタン仕様としている。スリーシーズン用で作ったグレンチェックパンツは一応ベルトループもありだが、冬物はスリーピースなのでベルトループ無し、ハイバックのアジャスター付きという感じに。ボタンはフロント4個が内側、バックの2個が外側。これがハイバックVカットの左右にやや広めの間隔でついているとカッコいいわけですよ。

なおブレイシーズ仕様はベルトループ仕様よりも3cm程度ウェストを大きくしているけど、吊るので全く問題無し。本当に楽。

あまりに具合がいいので他の冬物のパンツも都合5本、内側にブレイシーズ用のボタンを自前で取り付け。サーストンのブレイシーズには、いちいちこのボタンが付属しているところも良心的。これは18mm径なので、自分で探すときはこの辺りを参考にぜひ。

もっとブレイシーズな人が増えると良いなあ。

|

« 原理主義というか最初の刷り込み主義 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160208/64663861

この記事へのトラックバック一覧です: Bracesのススメ:

« 原理主義というか最初の刷り込み主義 | トップページ