« パテックという時計 | トップページ | Marine Master Professional SBBN025 “Darth Tuna”の水中インプレ »

2016年8月 2日 (火)

Seiko Diver’sの奥深さ

最近SeikoのDiver’sがお気に入りだ。

Seiko Diver’sの楽しみ方は千差万別である。歴史もあるし他のメーカーに無い明確な特徴を備えたモデルが多数あるので、Vintageを集めても楽しいしTunaやMM(マリマス)など特定の銘柄に拘ってもいい。

ここで特に書きたいのは、”MOD”と言われるモデファイである。
自分でモデファイするという行為が、特にセイコーダイバーの楽しみ方では顕著である。人と同じ時計ではつまらない、自分のセンスでカッコよくしたい、 これが手軽に味わえるのだ。これがスイスやドイツ製では簡単にはいかない。突然ハードルが上がってハンドメイドのオーダーウォッチとなり、相当の元手がかかるのが常だからだ。

MODが盛んな理由の一つが、昔からセイコーのダイバーズはダイヤルの直径が28.5mmと一定なことである。すなわち様々なセイコーの時計でダイヤルが使いまわしがきくのだ。(実際には竜頭が4時位置のものと3時位置のものは互換性がないが、留意が必要な条件はほぼそれだけである。)

これはもうひとつ重大な恩恵がある。ダイヤルの直径が一定であるということは、針も変なバランスにならずに使いまわしがきくということだ。よって、 サードパーティー製のダイヤル・針、さらには風防・ベゼルインサート、チャプターリングなどが多数流通しているのである。このなかで機種依存するのは強い て言えばチャプターリングくらいだろうか。もちろんバンドも様々なブレス、NATOバンドや革バンドなど選択肢は非常に多い。 

更にこれらのマニアが運営するサードパーティーでは、新しいパーツの製品化にも貪欲である。例を挙げると今年復刻したサードダイバーのパーツなども、既に市場に出はじめている。

膨大なサードパーティー製のパーツは、基本的にこの筋のマニアたちが作っているので、好きものが見ればニヤッとするようなモノがわんさとある。ダイバーズといえば、やはりロレサブにイカサブ(ミルサブ)、プロプロフ、シーマス300、フィフティファゾムス、その他ミルスペックのベンラスとか・・・様々な名作のイメージがわいてくると思うが、それ風のパーツがとにかく沢山あるのである。

個人のイメージを具現化するために、どのセイコーをベースにして何を組み合わせるかを考え、パーツを揃えて実行する。自分でやってしまう人たちも多い。有名かつよくできていると思うのは、SNZH51などのSeiko5ベースの”フィフティファイブファゾムス”だろう。人を食ったネーミングセンスといい、最高である。
また通称ボーイといわれているSKX007/009は、リーズナブルでありながら名作中の名作であり、セイコーダイバーはボーイに始まりボーイに終わるとすら言われている。これのMODは本当に数が多く、作り手(ここでいっているのはMODした人)の趣味やセンスがもろに出る。その手の時計がどれほど好きなのかがMODで分かってしまう。実に奥が深いのである。
ここら辺を楽しむ人たちは、重度の時計マニアであろうが、それほどのバジェットを持っていなくても十分に楽しめるところがミソだ。繰り返すがスイス製 (あるいはドイツ製)時計をコレクションし、楽しむためには、ある程度の資金が必要である。一方それに比べてだいぶ敷居が低いのがSeiko Diver’sの世界だ。しかしカッコいいMODを行うためには、知識やセンスが重要だ。ここが趣味として極めてうまく成立する大きな要因だと思う。だからこそ楽しいのだ。

さてSeikoをはじめとしたDiver’sのマニアたちは、いったいどこに生息しているのであろうか。Forumではまず第一にWatchuseekであろう。膨大な情報があるのでここをつぶさに見ればあっという間に耳年増である。あとはレビューサイトとしてWorn&Woundなどがあり、ここではツボに入る商品も売っている。
<ポータル>
Watchuseek
http://www.watchuseek.com/
Watchuseek Seiko & Citizen Forum
http://forums.watchuseek.com/f21/
Worn & Wound
http://wornandwound.com/

<パーツサプライヤー>
Yobokies
http://s161.photobucket.com/user/yobokies/library/
DAGAZ WATCH Ltd.
www.dagazwatch.com
DLW
www.dlwwatches.com

<バンド・ブレス系>
Strapcode
www.strapcode.com
Taikonaut
http://taikonaut-watch-band.myshopify.com/
Bonetto Cinturini
http://www.bonettocinturini.it/en/

<サファイヤドーム風防など>
Crystaltimes
https://crystaltimes.net/

<Seiko Diver’sの復刻Watchmaker>
TIMEFACTORS
http://www.timefactors.com/
Athaya Vintage Watch
http://www.athayavintage.com/

<MOD時計のセラー>
mrvintagewatch
http://m.ebay.com/sch/i.html?sid=mrvintagewatch&_pgn=1&isRefine=true
DAGAZ WATCH Ltd.
www.dagazwatch.com

などが定番と思われるが、それ以外にもたくさんあるだろう。これらの情報は、上記のForumに大体集まっているし、知識とセンス、知恵と工夫でいかようにも楽しめるのだ。

なおセイコーダイバーズはその多くが海外輸出モデルであり、そのほとんどに日本的なニックネームがついている。
思いつくものをあげよう。
SKX007: BOY
SKX009:BOY(Pepsi)
SKX779: Black Monster
SKX781: Orange Monster
SKZ203: Yellow Monster
SKZ213: Blue Monster
SKZ247: Franken
SKXA49: Night
SNZF17: Uni
SNM011: Samurai
SNM009:White
SBDX001: MM
6217: 62Mas
6306,6309: Turtle
SRP775/777/779etc: Turtle
SBDC001: Sumo
SBDC007: Shogun
SRP043: Spoke
SBBN007: Pack (or Tune-Can)
SBBN011/013/025: Darth Vader Tuna or Darth Tuna
SBBN017/033: Tuna Can or Little Tuna
SBDX011: Emperor Tuna
SBBN035: Ninja Tuna
SBDB001: The Papa-san
などなど・・・
これは全く足りないと思うので、だれか補完した完全版を作ってください(丸投げかよ)。
とここまで書いて、すでにツイッターには投下した、私のMODを貼ることにする。
Image

ベースはSRP777(復刻Turtle)、針と文字盤はYobokies、風防はCristaltimesのサファイヤドーム(Blue-AR Coated)である。チャプターリングは元のままで若干ミニッツインデックスがうるさいが、イメージ通りで満足している。なおブレスはStrapcodeのシャークメッシュを注文中。

とりあえずDarth TUNAとこのTurtle-MODでこの夏は十分だ。Darth TUNAは海中に持っていくつもりなので、ダイビングのインプレは気が向いたらまた別途書くかもしれない。

|

« パテックという時計 | トップページ | Marine Master Professional SBBN025 “Darth Tuna”の水中インプレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160208/64003879

この記事へのトラックバック一覧です: Seiko Diver’sの奥深さ:

« パテックという時計 | トップページ | Marine Master Professional SBBN025 “Darth Tuna”の水中インプレ »