« 2016年7月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年8月26日 (金)

原理主義というか最初の刷り込み主義

Image_2
 最初に時計にのめりこんだ時期に遭遇した時計というのは、記憶の中で本当に色あせることがない。私にとってのそれは一連の90年代に出たレベルソであり、ロイヤルオークジャンボであり、レインボーフライバックである。例えばレインボーフライバックなどは今見ると(というか当時から)ケースはダルダルで当時のロレなどと比べるとそれは酷いものだった。当時のゼニスのマンフレディーニ社長がデイトナを指して「このレベルのケースを作れ」と怒鳴ったとかなんとか、そんな話も聞くほどだった。そうかといっても未だにレインボーフライバックの魅力は少しも衰えない。

 またジャンボに最初に出会ったのは、百貨店の顧客向け食事会だった。15202ジャンボの白文字盤、「これがまだ生産されているのは奇跡的だけどものすごく数が少ない。いつ生産が途切れるかわからないので確実に欲しいなら手付を打っておいたほうが良いですよ」との百貨店の店員の説明をよく覚えている。当時はこちらもそう思っていたし、新品で手に入るのはもうそう長くないなと感じていた。その当時で、確か120程度の価格だったと記憶しており、当時簡単に手が出る代物ではなかったが、漠然としたあこがれだけは強く残ったものだ。

 当時の時計たちはまさにあばたもえくぼ(ジャンボはほぼ完璧だが)、いまだにそう思えるというのはもはや刷り込み主義とも言えるようなものか。
 やがてつまみ食い的ながら知識も多少増えてくると、新作についてはそれなりに良いところ、悪いところが見えてくる。しかし最初に刷り込まれた時計については、何故かその評価軸に乗ってこない。もうダメなところも偏愛対象になるのである。

 それ以降、新作で購入に至った時計は実は本当にわずかであり、結局コレクションはどんどん古いものへ偏ってしまう。ダメなところが許せなくなれば、ダメポイントの少ないオリジナルとかビンテージに偏ることになり、かくして原理主義的になってしまうところが、つきつめたオタクの悪いところだろう。これは自分のことを言っている。気楽に楽しむことが出来なくなってしまっているのだ。
そして最近、時計趣味が一周したと感じたのは、また再び気楽に楽しむということをSeikoの時計を通じて感じることができたためであり、かくして二週目に突入(かコースアウトか?)するのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

一周したという感覚

Image

 言葉に表しにくいのであるが、最近の私には時計趣味が一周したという感覚がある。それには腕に最近お気に入りのSeiko 3rd Diver’s MODをしていて、はたと気が付いた。この時計は針・文字盤・風防・バンドを交換した結果、ケースバック以外にはどこもSeikoなどメーカー名と思しき文字がなく、着用している状態ではメーカー不詳なのである。(ケース形状など見る人が見ればもちろん判明するが)。

 すなわちこの時計は、メーカー名を誇示することが出来ない、すなわち自分以外の第三者に対して、その外見以外はアピールすることができないのである。これこそが典型的な自己満足の世界であり、自分と時計との関係において、自分以外の第三者が意識に介入してくることが皆無、ということである。

 逆説的にこの事実により、それなりのメーカーの時計を腕にしているときには、第三者の目にどう映るかということを、ごくわずかでも意識していたのかもしれない、と気づかされた。そうこのSeiko MODは、”第三者の意識”というファクターが皆無なのだ。銘のある時計との最大の違いはそこである。

 しつこいが繰り返すと、この時計の存在により、これまで銘のある時計を着用していた際には、わずかながらも第三者の意識が存在していたということに気づかされた。ただし世間的にほぼ無名なHentschelやBenzingerなどですでに経験していたはずであるが、本当に銘が無いということでそれが明確に感じられるようになった。

 趣味とは、そもそもそういうものではなかったか。他人にどう見られようと関係なく楽しめるのが趣味なのではないか。このような考えに至ったことが、一周したという感覚を得られた要因だと思っている。
アンダーステートメントの美徳というやつ、だな。

 例によってこの世界では、一周したらロレのエアキンかデイデイトみたいな風潮もある。そしてそれは正しいと思うし認めてもいる。「エアキンやデイデイト」は”一周時計”の具体的な提示という意味では非常にわかり易いしティピカルと思える。しかし、そればかりでもない、と思うわけで。

 なお一周したからといってアガリになるかというとそういうことでもない。二周目、三周目に突入しても構わない。いやひょっとするとここからの世界こそが、本当の趣味の世界かもしれないのである。

PS. 実際に三周目くらいに突入している人は数多く存在する・・・N○○Sさんとか(伏字になってないw)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

Marine Master Professional SBBN025 “Darth Tuna”の水中インプレ

この夏も石垣島に行った。いきつけのサービスでSBBN025とともに6本のダイビングを楽しんだ。以下インプレである。
Image

潜水用の時計は多くの場合ウェットの上から着用することになる。ウェットを着るときに(袖を通す時に)時計やダイコンをどうしているのかは人によってスタイルが違うと思うが、ストラップ端を噛んで保持した状態で袖を通す人というのは一定数いると思う。私はこのスタイルで、ウェットを脱ぐときも同様である。

石垣島のダイビングはほとんどがボートダイブとなる。お世話になっているサービスの船はダイビングボートとしては平均的な大きさであり、エントリーは基本的にバックロールだ。

さてウェイトつけてバルブ開けて機材を背負って船べりに座る。そしてエントリー。カメラを貰ってとりあえずインフレーターからエア抜いて静かに潜行。2~3mで一回耳抜きしてさらに沈んでそのまま着底。私は意外とダイバー体質で、最初の耳抜きは意識して実施するものの、それ以降はほとんど顎を動かす程度でポコポコと耳が抜けるのだ。サイナスの不安も無い。
さて着底した時点でツナの写真を撮った後にベゼルを回す。地上で回すよりもなぜか軽く回るような気がするのはサブと同様、このツナもだった。

海中で見るツナはとにかく黒一色であり、針とインデックス類だけが白いため視認性は当然ながらきわめて良い。水中では視野も動きもとかく制限され、少しのことがストレスになるので、見やすくてわかりやすいというのは単純に良いことだ。まずこの当たり前のことが明確にクリアされていることが、ダイバーウォッチとして成立する大前提である。その点、歴史あるセイコーの外胴ダイバーは完璧だ。

視認性において、重要なのは分針である。すなわちボトムタイムが何分か、ということがすぐにわかることが重要だ。オメガのプロプロフの分針のデザインなどはその顕著な例であろう(赤い色は水中ですぐにつぶれてしまうけれども)。一方このマリンマスターシリーズは、セイコーダイバー50周年の機会に、従来のセイコースタイルを大きく変えて、アワーが矢印、ミニッツがバトン(というかペンシル)に変化した。この変化はこれまでもいろいろ言われており好みの部分が大きいが、視認性という観点からは時針分針を全く迷うことも無く、非常に見やすいということが結論である。

また夜光も水中では重要であるが、穴の中のような暗い場面ではかなり強烈な光を発しており、この点でも必要充分であった。機能という点で防水性については、潜ったのがたかだか十数メートルなので完璧であることは当然である。

さて新しいシリコンバンドはどうだったか。これは従来のウレタン製よりも柔らかくて肌への当たりもやさしく、蛇腹状の形状が非常によく機能する。この「機能する」という意味を少し書くと、水中ではウェットも人間の体も水圧で痩せ気味になり、地上でちょうど良いバンドの穴位置が、水中では多くの場合ユルユルになる。しかしセイコーのバンドの蛇腹形状はこのクッションとしての機能があり、シリコン化によってさらに柔軟になったことで、より機能しやすくなったと感じている。すなわち地上でややきつめに巻いてもバンドが柔らかいので痛くならず、水中ではユルユルにならずに腕で回ってしまうことがない、ということだ。ウレタンバンドのダイコンなどが水中で回ってしまうことをダイバ ー諸氏は何度も経験しているだろう。使ってみればこの差は明確にわかると思われる。

以下は非常に感覚的ことを書く。ダイビングの機材は総じて”大味”である。精密機器の「時計」という範疇で言えばツナはおそろしくガサツな感じ(というか道具感)を受けるが、水中では、あるいはダイビングという行為をするなかでは、他のダイビングの機材に比べてそれはやはり”精密機器”であった。そしてそれはプロの道具としての存在感、ひいては安心感に繋がるものである。

セイコーが50年熟成させたダイバーズウォッチは、本来の仕事場で本領を発揮する。まさしく本物のプロの道具と言えよう。その実力は到底ファンダイブ程度でその真価がわかるようなものではないが、その一端は感じることができ、より一層この時計が好きになった。

今後海に潜るときは必ず、この時計を左腕にすることになるだろう。

Image_2
上の写真はモザイクウミウシ Halgerda tessellata

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

Seiko Diver’sの奥深さ

最近SeikoのDiver’sがお気に入りだ。

Seiko Diver’sの楽しみ方は千差万別である。歴史もあるし他のメーカーに無い明確な特徴を備えたモデルが多数あるので、Vintageを集めても楽しいしTunaやMM(マリマス)など特定の銘柄に拘ってもいい。

ここで特に書きたいのは、”MOD”と言われるモデファイである。
自分でモデファイするという行為が、特にセイコーダイバーの楽しみ方では顕著である。人と同じ時計ではつまらない、自分のセンスでカッコよくしたい、 これが手軽に味わえるのだ。これがスイスやドイツ製では簡単にはいかない。突然ハードルが上がってハンドメイドのオーダーウォッチとなり、相当の元手がかかるのが常だからだ。

MODが盛んな理由の一つが、昔からセイコーのダイバーズはダイヤルの直径が28.5mmと一定なことである。すなわち様々なセイコーの時計でダイヤルが使いまわしがきくのだ。(実際には竜頭が4時位置のものと3時位置のものは互換性がないが、留意が必要な条件はほぼそれだけである。)

これはもうひとつ重大な恩恵がある。ダイヤルの直径が一定であるということは、針も変なバランスにならずに使いまわしがきくということだ。よって、 サードパーティー製のダイヤル・針、さらには風防・ベゼルインサート、チャプターリングなどが多数流通しているのである。このなかで機種依存するのは強い て言えばチャプターリングくらいだろうか。もちろんバンドも様々なブレス、NATOバンドや革バンドなど選択肢は非常に多い。 

更にこれらのマニアが運営するサードパーティーでは、新しいパーツの製品化にも貪欲である。例を挙げると今年復刻したサードダイバーのパーツなども、既に市場に出はじめている。

膨大なサードパーティー製のパーツは、基本的にこの筋のマニアたちが作っているので、好きものが見ればニヤッとするようなモノがわんさとある。ダイバーズといえば、やはりロレサブにイカサブ(ミルサブ)、プロプロフ、シーマス300、フィフティファゾムス、その他ミルスペックのベンラスとか・・・様々な名作のイメージがわいてくると思うが、それ風のパーツがとにかく沢山あるのである。

個人のイメージを具現化するために、どのセイコーをベースにして何を組み合わせるかを考え、パーツを揃えて実行する。自分でやってしまう人たちも多い。有名かつよくできていると思うのは、SNZH51などのSeiko5ベースの”フィフティファイブファゾムス”だろう。人を食ったネーミングセンスといい、最高である。
また通称ボーイといわれているSKX007/009は、リーズナブルでありながら名作中の名作であり、セイコーダイバーはボーイに始まりボーイに終わるとすら言われている。これのMODは本当に数が多く、作り手(ここでいっているのはMODした人)の趣味やセンスがもろに出る。その手の時計がどれほど好きなのかがMODで分かってしまう。実に奥が深いのである。
ここら辺を楽しむ人たちは、重度の時計マニアであろうが、それほどのバジェットを持っていなくても十分に楽しめるところがミソだ。繰り返すがスイス製 (あるいはドイツ製)時計をコレクションし、楽しむためには、ある程度の資金が必要である。一方それに比べてだいぶ敷居が低いのがSeiko Diver’sの世界だ。しかしカッコいいMODを行うためには、知識やセンスが重要だ。ここが趣味として極めてうまく成立する大きな要因だと思う。だからこそ楽しいのだ。

さてSeikoをはじめとしたDiver’sのマニアたちは、いったいどこに生息しているのであろうか。Forumではまず第一にWatchuseekであろう。膨大な情報があるのでここをつぶさに見ればあっという間に耳年増である。あとはレビューサイトとしてWorn&Woundなどがあり、ここではツボに入る商品も売っている。
<ポータル>
Watchuseek
http://www.watchuseek.com/
Watchuseek Seiko & Citizen Forum
http://forums.watchuseek.com/f21/
Worn & Wound
http://wornandwound.com/

<パーツサプライヤー>
Yobokies
http://s161.photobucket.com/user/yobokies/library/
DAGAZ WATCH Ltd.
www.dagazwatch.com
DLW
www.dlwwatches.com

<バンド・ブレス系>
Strapcode
www.strapcode.com
Taikonaut
http://taikonaut-watch-band.myshopify.com/
Bonetto Cinturini
http://www.bonettocinturini.it/en/

<サファイヤドーム風防など>
Crystaltimes
https://crystaltimes.net/

<Seiko Diver’sの復刻Watchmaker>
TIMEFACTORS
http://www.timefactors.com/
Athaya Vintage Watch
http://www.athayavintage.com/

<MOD時計のセラー>
mrvintagewatch
http://m.ebay.com/sch/i.html?sid=mrvintagewatch&_pgn=1&isRefine=true
DAGAZ WATCH Ltd.
www.dagazwatch.com

などが定番と思われるが、それ以外にもたくさんあるだろう。これらの情報は、上記のForumに大体集まっているし、知識とセンス、知恵と工夫でいかようにも楽しめるのだ。

なおセイコーダイバーズはその多くが海外輸出モデルであり、そのほとんどに日本的なニックネームがついている。
思いつくものをあげよう。
SKX007: BOY
SKX009:BOY(Pepsi)
SKX779: Black Monster
SKX781: Orange Monster
SKZ203: Yellow Monster
SKZ213: Blue Monster
SKZ247: Franken
SKXA49: Night
SNZF17: Uni
SNM011: Samurai
SNM009:White
SBDX001: MM
6217: 62Mas
6306,6309: Turtle
SRP775/777/779etc: Turtle
SBDC001: Sumo
SBDC007: Shogun
SRP043: Spoke
SBBN007: Pack (or Tune-Can)
SBBN011/013/025: Darth Vader Tuna or Darth Tuna
SBBN017/033: Tuna Can or Little Tuna
SBDX011: Emperor Tuna
SBBN035: Ninja Tuna
SBDB001: The Papa-san
などなど・・・
これは全く足りないと思うので、だれか補完した完全版を作ってください(丸投げかよ)。
とここまで書いて、すでにツイッターには投下した、私のMODを貼ることにする。
Image

ベースはSRP777(復刻Turtle)、針と文字盤はYobokies、風防はCristaltimesのサファイヤドーム(Blue-AR Coated)である。チャプターリングは元のままで若干ミニッツインデックスがうるさいが、イメージ通りで満足している。なおブレスはStrapcodeのシャークメッシュを注文中。

とりあえずDarth TUNAとこのTurtle-MODでこの夏は十分だ。Darth TUNAは海中に持っていくつもりなので、ダイビングのインプレは気が向いたらまた別途書くかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年12月 »