« Seiko Prospex Marine Master 1000m SBBN025 "Darth Tuna" | トップページ | Zeitwinkel 082° エナメル ”グラン・フー” »

2016年6月28日 (火)

自動巻きレベルソについて

Image


Image_2

レベルソは去年と今年、大々的にモデルチェンジが敢行された。ケースサイズが整理され、同時に小さいケースがクオーツムーブメント、中程度より大きなケースが自動巻きの機械となったことが従来との大きな違いだ。これまでは手巻き系が主体で、その中心的な機械は、筆舌に尽くしがたい(と勝手に筆者は思っている)名機822系であった。
それが自動巻きの960系の機械にリプレースされることになった。

今回敢行されたレベルソのラインの整理は、はじめに「毎日巻かなくていいようにすること」すなわちクオーツか自動巻きありきだと思っている。すでに定番化している「手巻きの」レベルソをなぜ自動巻きにしたかったのか?これについて私の想像はロジックを欠く。ロレのような定番化を目指した、というくらいしか理由が思いつかない。時計の進化は確かに手巻きから自動巻きへ、なのだけどなぜレベルソをその方向性に乗せたがるのか理解不能である。しかしとにかくJLCの首脳陣はそう考え、意思決定をした。

新ラインアップを見るとJLCは、101を除けば最小サイズの手巻きの名機Cal.846をレベルソに納めることはないと割り切っているようであるから、小さいサイズはすべてクオーツになる。それよりも一回り大きいサイズからが自動巻きとなり。これは960系を使うことしか考えられない。なぜなら、これが今現在JLCが生産可能な最小の自動巻きの機械であるからだ。
Cal.960は1995年にMaster Ladyに搭載されるために開発された機械で、直径21mm、厚さは3.95mm(ほとんど4mm)である。
ここでこの機械を入れるためのサイズの検討が始まり、従来のクラシックサイズでは幅が足りずにやや大きくした「ミディアム」になったと想像する。しかし狙っていた「ミディアム」は、文法に則れば従来の「クラシック」よりもやや大きくなりすぎてしまう。JLCはここで大胆な手法に出た。それは、なんと黄金律を崩してしまうことであった。縦を切り詰めてなんとか従来の「クラシック」に近い大きさに仕上げた結果が、第一作の「レベルソ・クラシック・ミディアム・デュエット」であった。
実物のプロポーションは、長辺が短くなるとともに自動巻きの機械を搭載したことでケースが厚くなり、なんかずんぐりした時計になってしまっている。ただ程度としては、それ単体ではおそらく認識することは少なく、従来のクラシックやビッグなどの手巻き時計を横においてみるとハタと気が付く程度だ。
とりあえずこの時計に関しては、その流れを無視すれば良くできた時計である。レベルソはこうあるべし、などとゴタクを並べているような筆者のような老害Geekの戯言を無視すれば、これはとても良くできた時計である。作りも仕上げも各パーツも立てつけもデザインも素晴らしい。そして何よりも重要な観点は、JLCが売っていく相手は老害Geekがメインではない、ということだろう。JLCがターゲットにしているのは、これからの時計好き(マニアでもGeekでもない)なのである。
 そして老害Geekとしては、今回の判断が英断だったとなるかどうか、非常な興味をもっている。
(でも過去にボロカスにけなしたスクアドラは大失敗したよな・・・イデアルもそう)

PS. この一連の新作群に関する明確な特徴がもう一つある。それはケースバックおよびラグの形状だ。グランド・レベルソ・ウルトラスリム・トリビュート系はまだ真っ直ぐであるが、グランド・レベルソ・レディ・ウルトラスリム・デュエット・デュオ(もう名称が訳わからん)あたりからラグ部分を下げることにトライしはじめている。そして昨年の自動巻き第一作のレベルソ・クラシック・ミディアム・デュエットではかなり明確にラグを下げており、ケースバックも真っ直ぐではなくラグに滑らかにつながるように加工している。今年のレベルソ・ワンもそうだ(この時計は実に素晴らしかった・・・私が女性なら一目ぼれレベル)。このケースバック及びラグの形状は1930年代のレベルソの形に非常に近く、そもそも手首への座りがいまいちであった90年代復活後の歴代レベルソのウィークポイントを、何とかしたいと思ってトライしていることだと思う。この方向性は歓迎されるべきものだろう。この点もしっかりとかかなければフェアじゃない。

|

« Seiko Prospex Marine Master 1000m SBBN025 "Darth Tuna" | トップページ | Zeitwinkel 082° エナメル ”グラン・フー” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160208/63840381

この記事へのトラックバック一覧です: 自動巻きレベルソについて:

« Seiko Prospex Marine Master 1000m SBBN025 "Darth Tuna" | トップページ | Zeitwinkel 082° エナメル ”グラン・フー” »