« 2つのGeophysicライン新製品「国産クオーツ?ステップ運針だし」 | トップページ | Jaeger LeCoultre Duoplan »

2015年10月 5日 (月)

Geophysic新作見てきた

10/1に店頭に並んだらしい新製品を見てきた。前回アップした内容を変更するべきネタは特に無く、更なるマイナス要因と僅かながらプラス要因が散見された程度。具体的には以下のとおり。
  • 風防が平坦すぎて、オリジナルが持っていたポッコリ形状からかけ離れてしまった。1958の風防もやや残念なところであるが、それよりも酷い。
  • 輪列に加わったもう一つの香箱(?)のぜんまいは、1秒毎に開放されるのだと思っていたらそのような動きではない。ルモントワール等と違い、見ていてたいして面白くない。
  • 予想通り針のクリアランスが非常に大きい。もっと安い時計に見える。
  • 機械の仕上げが意外とダルであった。初期ロット特有の問題かもしれない。
  • センターセコンドの形状は立体的である。細い針は袴から一段下がっており、フロスト仕上げ。カウンターウェイト側(そんなに大げさなもんじゃないが)はポリッシュで、コントラストがあり悪くない。ただし長さだけは(ry
  • 予想通りでかい。しかしショウケースに並んでいると適度な大きさに見えてしまうのは何でだろうね。
私が不思議に思うのは、世に出ているSNSblogの記事内容。ほぼ手放しで絶賛のものが多く、なぜ否定的なものが皆無なのだろう?提灯記事ばかりでゲンナリする。
あと言っとくけど買わないから。

|

« 2つのGeophysicライン新製品「国産クオーツ?ステップ運針だし」 | トップページ | Jaeger LeCoultre Duoplan »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160208/62417953

この記事へのトラックバック一覧です: Geophysic新作見てきた:

« 2つのGeophysicライン新製品「国産クオーツ?ステップ運針だし」 | トップページ | Jaeger LeCoultre Duoplan »