« Co-respondent shoes | トップページ | JLC Cheef Designer Janek Deleskiewicz氏との再会 »

2010年3月20日 (土)

Patek5170について

Patek800_5170_img10_master_3
なんか5170の写真を見ていたらどうしても書きたくなったので久しぶりにアップする。
2カウンターの古典的クロノを作ろうとしたのはわかる。全体の雰囲気は悪くない。
しかし細かく見ると粗が目立つ。これは個人のセンスに拠る所大である。すなわちあくまで主観である。おそらく全体の雰囲気が悪くないのに締まって見えない根本的な原因は、アワー・ミニッツのハンドが短すぎることによると思われる。
以下ダメダメと思うポイントを列挙する。

(1)針がしょぼい。600超える時計がこれとは信じられない。こういうのケチるなよ。

(2)フォントがバラバラで大きさも整っていない。特に酷いのが「GRAUDE POUR15 PULSATIONSのフォントとがデカいこと。PATEKと同じにしたほうが良い。パルスメーターとミニッツのフォントはこれで良いが、PATEK・・・は相変わらずデカ過ぎ。あとパルスメーターの数字もでかすぎて、このサークルの間が開きすぎていて間伸び感がある。内側のミニッツと同じか、あるいはもっと詰めると良い。

(3)ミニッツハンドはレールウェイ外端まで届くべき。すると黄金率をキープすればアワーも伸びて、そうするとアプライドと思しきバーインデックスに内端に届きそう。これが守られていないのは、デザイナーが古典を理解していないからだ。デザイナーに駄目出し。

(4)永久秒針もレールウェイの外端に届くべきと何回言ったら(ry

(5)インダイヤルを下げてデザイン上の重心を下げたいのは理解できる。多分ダトの影響もあると思うが、そもそも影響されちゃ駄目。ジュネーブの誇りがない。

(6)で、ジュネーブの誇りといえば機械が特に駄目。このデザインを実現するためかもしれないが、やはり永久秒針は4番にぶっ刺さっていないと駄目。

(7)ってことは、やはりレマ2310の方が良いってことで、だったらブレゲかヴァセロンかロジェ買えってことで、そうすると半値以下で手に入るってことで、何なのこの値段。スターン終わってる。ってことで終わり。

結論
ヴァリューフォーマネーということではかなり酷い。半値なら納得。

|

« Co-respondent shoes | トップページ | JLC Cheef Designer Janek Deleskiewicz氏との再会 »

コメント

うはははは。やんややんや。
もう最近のパテックには失望しか覚えませんよ。

投稿: タックスヘイブン | 2010年3月20日 (土) 00時40分

年一回タックスヘイブンさんの怒りを見るのが風物詩と化してきました(笑 そしてVVサイコー、のオチに至る、と。

投稿: レベルソ好き | 2010年3月20日 (土) 00時57分

まあ、それとこれは切り離してみてください。繋げちゃうと完全にただの子供だなあ。反省します。

投稿: | 2010年3月20日 (土) 01時06分

いえいえ、なんか済みませんです。ι(´Д`υ)アセアセ

投稿: レベルソ好き | 2010年3月20日 (土) 01時13分

外装が完璧ならもう機械なんかどうでもいいんですよ!
とかいってグラスヒュッテオリジナルのシュトラッサー&ローデを正当化してみるww

ともかく、この針はもう数年くらいこんな感じじゃないですか?
最後にPPの実物を真面目につぶさに観察したのはAndreas Huber 150周年でしたけど、
針もダイアルも平べったくて薄っぺらくて('A`)ってなりました。

投稿: alpaka | 2010年3月20日 (土) 10時07分

グラスヒュッテのあれは神機です。Patekのような俗物とは精神性が別次元。
しかし堕落したレベルをここまで頑なにキープしなくても、と思いました。┐(´-`)┌

投稿: レベルソ好き | 2010年3月20日 (土) 21時48分

あばばばばばば、ってラモンヌですか?w

いやあ、正直なところグラスヒュッテオリジナルのシュトラッサー&ローデには圧倒されましたよ。あんなすさまじい外装の時計は昨今の現行では見てないです。あれはお金があったら欲しい、ってもう限定だからないか。セネタークロノメーターの外装があの水準に達しているとしたら、将来手に入れたい逸品ですねやはり。

投稿: タックスヘイブン | 2010年3月21日 (日) 03時18分

あの外装に適う時計はあまり思い浮かばないです。あの清清しさは作った当人もおそろしく満足している悪寒。あ、もちろん購入に至った方も、ですね。

投稿: レベルソ好き | 2010年3月23日 (火) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160208/47855205

この記事へのトラックバック一覧です: Patek5170について:

« Co-respondent shoes | トップページ | JLC Cheef Designer Janek Deleskiewicz氏との再会 »