« 国産時計への勝手な思い | トップページ | GSクロノのインプレ »

2007年6月29日 (金)

SWISS MADE表記の話1と2

http://www.fhs.ch/en/news/news.php?id=540
を受けて6/28に決定した事項は次の通り。
http://www.fhs.ch/en/news/news.php?id=556

以下一部抜粋
With regard to the watch, the draft introduces a new aspect in the form of a value criterion. Accordingly, any mechanical watch in which at least 80% of the production cost is attributable to operations carried out in Switzerland would be considered as a mechanical Swiss watch. For other watches, particularly electronic watches, this rate would be 60%. Technical construction and prototype development would moreover need to be carried out in Switzerland. Raw materials, precious stones and the battery would be excluded from the production cost.

The Swiss movement in the existing ordinance already has a value criterion, namely the rate of 50%. Considering that here, too, the definition needs reinforcing, the draft amends these value criteria. For mechanical movements therefore, the rate would be at least 80% of the value of all constituent parts. For other movements, particularly electronic movements, this rate would be 60%. Technical construction and prototype development in Switzerland would also be a requirement in this case. The draft also stipulates other provisions concerning the definition of Swiss constituent parts and assembly in Switzerland.

ということで、ETA供給問題に関して微妙な問題だとしながらも、従来の基準すなわち「ムーブメントコストの50%以上がスイス製であること」から、機械式で80%以上、電気式で60%以上とより厳しい値となったこと(ただし原材料費、受石やアンクルなどのルビー類、電池は除く、とある)により、Swiss Made標記により特別な意味を持たせようとしているように見える。これは以前私がblogで展開した持論あるいは見通しと180度異なる結果であり、驚いたのは事実であるがこの結論は「大陸製を締め出すことによってスイス製を守る」という、極めて保守的かつ後ろ向きなものであったことに他ならない。

この結果を受けて改めて考えてみると、基準がゆるくなって大陸製機械大量投入により製造原価↓、儲け↑では無く、これではスイス時計産業は技術向上が著しい大陸にやられる、という危機感から守りに入ったと表面上は取れる。

しかし、こういう考え方も出来る。以下暴論である。
あくまで例えばの話であるが、従来300CHFのスイスムーブがあったとする。
これを原価100CHFの大陸製ムーブに取り替えると、スイス標記は出来ないが大もうけできるかもしれない。しかし、やはりスイス標記は入れたい。

一方現在の大陸事情はさらに進化しており、大陸製は生産技術も向上してコスト圧縮に成功し60CHFでできるようになった。(あくまで仮定の話です)
さて、この60CHFの大陸製ムーブをベースにすると、この原価の8/2倍である残り240CHF分のスイス製パーツを取り付けることにより、合計300CHFの新基準でもスイス標記のできるムーブが出来るわけだ。そうすると、240CHF分は高価なスイス製パーツを逆にくっつけられるわけであるから、スイスパーツメーカーの生き残りも出来る。それどころか従来トータルコスト300CHFに押さえるためにパーツの原価を抑えることを余儀なくされてきたのが、タガが外れてパーツメーカー大もうけになるかもしれない。

安価な大陸製ムーブを入れてパーツメーカーの儲けも従来より拡大し、そのパーツメーカーを傘下に収めるコングロマリットは相変わらず大もうけ、のような図式である。
トータルコスト50%を80%に上げることでより「スイス製の価値を高め、かつ伝統産業として守っていく」というように、誰しもが捕らえるであろう。後ろ向きとも思えるが、それでも「スイス製であること」の価値を高めようとしている意思は感じる。

しかし、私が上記に展開したような事象や思惑が存在するとすれば、これはものすごく頭のいい解決策であると言わねばなるまい。そしてその妥協点、スイスパーツメーカーの儲けと現在の大陸製ムーブの原価のバランス、そこから出てきたのがキリの良い80%という数字なのでは無いか、と疑っている。

そうすると本当にスイス製なのかどうかは、例のCASPなどを目安にせざるを得なくなる。
これはハイエック親父の案かもしれないし、どういう力がFH内、ひいてはスイス時計業界に働いているか分からないが、そんなことを考えさせられた6/28の発表であった。

|

« 国産時計への勝手な思い | トップページ | GSクロノのインプレ »

コメント

>私が上記に展開したような事象や思惑が存在するとすれば

スイス基準というのを、
数字のマジックで有耶無耶にしていると思いました。

巨大コングロマリットの力は強力ですし、
相場も操れるでしょう。

突飛な発想ですが、
アメリカでコカ・コーラの不買運動が起きたように、
スイス時計も、
事情が違いますが、ギャフンと消費者の側から言わせてみたいものです。

高級時計は嗜好品でありますので、
欲しい人はいくらでも買いますから、
食品のようにはいかないでしょうけれど。。。

投稿: ky007 | 2007年7月 1日 (日) 14時48分

コメントありがとうございます。
あくまで私が仮定・想像したことなので事実は全く異なるかもしれませんが・・・
でも本来の時計としての魅力を持つプロダクトが減って、儲けを生み出すための似非時計が増えている気がします。まあそんなものは買わなければいいだけなのですがねえ。
ちなみに@Unitasでは不買運動「時計買わないの会」が存在しましたが今は運動休止状態です(笑

投稿: レベルソ好き | 2007年7月 2日 (月) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160208/15597638

この記事へのトラックバック一覧です: SWISS MADE表記の話1と2:

« 国産時計への勝手な思い | トップページ | GSクロノのインプレ »