« 今年の新作で心に残ったもの | トップページ | 次代の潮流その2 »

2007年5月30日 (水)

オリジナルレベルソを見て思ったこと

某所で「オリジナルレベルソ」を見た。同時にOld Patekも見た。レベルソが大好物の私だが、オリジナルに魅力をあまり感じなかったのはどうしたものか?と自問自答した。そこから現在の時計というものが見えてくる気がしたのでつらつらと書く。
オリジナルレベルソは、オリジナルとしての希少性や、そのものの価値があることは間違いない。しかし、手間かけて作った時計と言う一つのプロダクトとして見たときに、Old Patekの方が手がかかっているのは間違いない。その差について、圧倒的なものを感じたわけだ。

時計の品質は、時代で変化するのは当然だが、その生産工程において機械にあまり頼ることが出来なかった時代には、手作業が多いほど素晴らしいものが出来ていた。これはほぼ事実であろう。しかし近年では、機械の性能向上が著しく手作業よりも機械に任せたほうが素晴らしいところ、が増えているのが事実で、かくして時計はマスプロダクトにどんどん近づいていっているわけである。

ラインに機械を入れると言うことは、品質の(安定性)向上と増産を期待しているということである。機械を入れるには、プロダクトをそれなりに大量に作らないとペイしない。故に、さっさと減価償却して儲けを生み出すべく、増産計画を立てるわけである。ラインに一つの機械を入れると、従来はバランスされていたどこかの工程で余裕が無くなり、その工程にも機械を入れるかという話になり、かくして工場には最新の機械が並ぶようになる。売れている、あるいは儲かっているメゾンはどこもそうであろう。かくして大手メゾンはどんどん機械を入れ、その結果品質は安定する。それは良い事である。

しかし伝統的な手作業による仕上げによって出来た時計をユーザが求めている場合、本当に求めているようなものを手に入れることが出来たのかどうかは疑問である。当たり前であるが手作業と機械作業のバランスが大切で、手作業比率が多いほど一般的に品質は高くなり、値段も高くなる。
時計メゾンは多かれ少なかれ上記のようなバランスのもと、プロダクトを作っている。大手コングロマリット傘下にあるメゾンほど、機械生産率を上げて原価を抑え、安定した品質の時計を大量生産することによって儲けを増やそうと努力しているだろう。それが良心的かどうかは別問題として。

私が好きなJLCも、毎年のようにラインに機械を入れている。すなわち、去年まで手でやっていた仕事が今年の時計では機械によって仕事がなされている可能性があるのだ。だから、ある時点時点でプロダクトの質感が微妙に変化しているのは当然である。

断っておくが機械・手仕事それぞれには向き・不向きがあり、適材適所使い分けることが悪いとは全くいっていない。またその適材適所の分水嶺が機械の性能向上とともに変化していくのも当然だ。

ただし高級機械式時計は「手仕事である幻想」を抱きがちなプロダクトであることは疑いないであろう。さてそうやって考えた場合、Patekなんかは当然手仕事を残す比率がJLCよりも高いであろうが、同じような傾向をたどっているのは事実であろう。大量に売りえないコンプリケーションのみが、ほとんど手作業の従来の作り方を踏襲する。よって、3796までは針も超絶だったものが、どんどん機械化比率を上げた結果、超絶針は永久カレンダー以上を買わないと手に入らなくなった。これが今のパテックである。3940の硬質なアプライドインデックスと5140のダルなインデックスを比べて欲しい。5140の針は超絶でも、文字盤はすでにヤヴァイ気配が漂っている。

昔のPatekは最高であった。40年代くらいから60年代前半まで、3大メゾンはすべてそうだった。同じような作り方をして、同じような手間をかけたプロダクトを生み続けていたのである。しかし今のプロダクトは、経営者の良心がそのまま現れているとも言える物である。本来は時計師の腕やロマンを感じるべきものなのに!(そのように広告しているでしょう?)

さてJLCである。エボーシュメーカーとしてJLCは、伝統も技術もあった。故にものすごく素性の良い機械を作り続けていた。冒険した時計も多く、それがJLCのメゾンとしての魅力でもあった。しかし超絶エボーシュは三大に納め、自前の時計はそれなりの機械であるバランスを持って時計作りが為されていた。故に、昔のJLCは三大と比べると明確に格下であった。オリジナルレベルソとVintage Patekを並べてみれば、それはもう一目瞭然である。「レベルソ」という時計は、今のスクアドラとかXGTは機械化比率が大分上がっているのと、デザインそのものも魅力無く思える。

JLCが91年にレベルソ60周年で完全復活したあとの90年代から2000年代前半までが最高だ、というのが私の、あくまで個人的な見解である。ポルシェみたいに最新が最良、になり得ないのが、時計の難しいところか。
最新が最良の時計は、新進気鋭の独立系かほとんど趣味で作っている時計師くらい、というのが現実であろう。

|

« 今年の新作で心に残ったもの | トップページ | 次代の潮流その2 »

コメント

 お久しぶりです。5196の針の劣化は機械化の影響だと看破されるなんてさすがですね!
 5140のインデックスの件ですが、5196のインデックスが3940に近いことを考えると、もしかしたら手を抜いているというよりデザインの一つなのではないかとも思います。あわせて5140の曜日や日付のフォントを見ると、最近のパテックの「希少性を確保するためのディスコン」と「変えることを目的としたデザイン」の影響を感じずにはいられません。
 最新が最良の時計…ロレックスなんかはどうでしょう^^?工芸品ではないと思いますが(その辺りにロレックスの矛盾と良さがあると思ったり^^;)

投稿: EQUINOX | 2007年5月31日 (木) 20時33分

コメントありがとうございます。
5140のインデックスはデザイン、その通りかと思います。しかし私にはどこをどうとっても3940のインデックスの方が魅力的に思えます。
同社のデザインはスターン倅とのことで、JLCの間借現象は解雇しちゃえば如何様にでもなるのですが、Patekの場合はそうも行かず、今後もっと変な方向へ逝くと思っております。
変えることを目的としたデザイン、とはまさに言い得て妙ですね。
さてロレックス。まさに「最新が最良の時計」です!!恐るべしロレックス。ミルガウス正直欲しいです。

投稿: レベルソ好き | 2007年5月31日 (木) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160208/15260003

この記事へのトラックバック一覧です: オリジナルレベルソを見て思ったこと:

« 今年の新作で心に残ったもの | トップページ | 次代の潮流その2 »