« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月28日 (土)

Master Compressor Extreme LAB

Mastercompressorextremelab2 LABについて。まさにこれはコンセプトウォッチであり、Non-Lubricant Systemと言う着眼点は素晴らしいと思う。しかし潤滑不要、というのが即OH不用に結びつくのかどうか?というのは分からないので、「Non-OverHawl Watch」とは言い切れないのであろう。本当はこれを言いたい筈であるが言えない理由は、まさにテストしてみないと判らない、実際は最低10年くらい動かしてみて、各部の状況がどうなっているのかを確認して見ないことには言えない筈なので、「潤滑不要システム」と言っているということであろう。嘘ついていないだけ良心的。
このNon-Lubricant Systemを何によって為し得たのか?という解決策に関しては、「新素材」に尽きる。この素材の表面の平滑性や硬さなどで摩擦をごく小さく抑えている、という当たり前の解決方法であろう。従来はここを流体潤滑していたわけであるが、ドライ(個体面摩擦)でも大丈夫にした、というそれだけ。この手の分野すなわちトライボロジの世界では、金属ではベアリング業界なんかが発達しているわけだが個体面摩擦の分野では、多分工業的な需要でやはり超精密加工業会とかなのであろうか?液体潤滑では多分にメカノケミカル的な影響もあるはずであるが、素材だけの勝負になると純粋に物理的な研究のみのような印象がある。
このCal.988Cには、すでに量産機に採用されているテクノロジー(自動巻きローターのセラミックローラーベアリング、コレットに溶接されたヒゲぜんまい、など)も盛り込まれている。ガンギはこの手では常套手段となった感のあるシリコンガンギ。
それ以外に目を引くのは
Easium™・・・Swiss innoboost社が開発したセラミック系新素材。
Mos2 coating  ・・・こちらは米国で主に研究されている分野のよう。Surface and Cortings Technology誌73号に発表された論文(1995)などこの辺にどっちゃりとあるので興味がある方はぜひ。
ということで、この時計はどこにどのような新素材を用いるか、コーティング技術を用いるかということがツボであり、また単に質量を減らせば摩擦は減ると言う当たり前のことを実践するため、それぞれのパーツにもこれでもか、と軽量化が図られている。
筆頭はマグネシウム製のアンクルである。これはトゥールビヨンゆえライトアングルであるが、2.5倍チタンよりも軽いそうで、これも運動エネルギーが小さくなれば衝撃も小さくその分摩擦も減る、ということである。
この時計は自動巻きであるため、メインスプリングのスリップにも考慮されている。グラファイト粉をメインバレル中に入れて解決していると言うことで、個体あるいは流体摩擦ではなく粉体摩擦ということだ。
ヒゲについてはかなり従来路線で、コレットを溶接している最近の標準仕様で、ブレゲヒゲである。シリコンヒゲでないのは意外と言ったところ。ここはBreguetの方が進んでいるのか、あるいはあきらめたのか?
さて肝心のテンプである。
今まで時計のテンワの形に関しては、懐中の時代から大きな変更がなされてきていない、という見解が一般的であろう。個人的に大きな変更だと思ったのはドゥべトーンの3本テンプのアレであるが、こちらはさらに強烈である。ミーンタイムスクリューが2対のみのI型のバランスだ。円形では無いからこれはテンワではなく「バランス」としか表記できない。形状材質はイリジウムプラチナを採用し、表面部性的な空気抵抗(摩擦)を減じているとのことだ。インパクトあるねこれは。しかし、思い起こせばアーンショウのクロノメーターのZバランスに戻って行きすぎた形とも取れなくない。空気抵抗というファクターを考慮しての結果という観点では全くことなるが。

デザインは、いかにもコンセプトウォッチである。私には多分にリシャール・ミルの影響を感じ(カーボンの使い方・ローターのデザインや黒ベースの機械、新素材のサンドイッチなどなど)、2番煎じ的なディテールは好きでは無い。しかし全体的なバランスと言う点ではオーセンティックな丸型のケースと普通にラグがあることなど、まあ悪くは無いのかな、といった感じである。赤い竜頭はどうしても許せないが。

JLCは将来的にこれを商業ベースに乗せるつもりなのであろうか?しかし彼らのビジネスは、アフターでの儲けについても数年前に真剣に取り組んだようで(Vintageのサービス代金が2~3倍になった)、ここも儲けの源泉と考えていることは間違い無く(Richemont系全部かもしれない)、このシステムがその儲けの源泉にならないシステムであれば真剣に売るつもりにはならないであろう。
よって現段階ではその技術力の誇示としての役割であろう。もし売るとすれば不用になる、あるいはインターバルが長くなるOHでの儲け分を販売価格に上乗せすることはすぐに考えるであろうし、今現在は付加価値も高く、法外な価格でも十分な需要はあるであろう。今後の展開が注目である。個人的にはこれがマスターGTのケースにはいったようなものがリーズナブルに出れば、それは欲しいと思う。(渦巻きじゃなくならないとリーズナブルにはならないであろうが)

あまり関係ないが昨年キャビネNo.5で新型脱進器を発表したAP。今年は複雑機構を省いて普通のミレネリーとしてリリースしたのはたいしたものだと思う。オメガのCo-Axほどまでこなれる可能性はほとんど無いであろうが、手の届く価格になったらかなり興味があるのも事実だ。デッドセコンドはやはり魅力が大きいのである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

JLC SIHH2007

McdivinggmtJLCのサイトですでに昨日から確認できるが、SIHH2007におけるJLCの新作はご覧の通りの内容であった。Duomètre à Chronographeはカッコいいし機械も痺れるものがあり、LeClub上で日本語の紹介文章を読むと、更に魅力的に見えてくる。これほど手にとって見たいと思えるJLCの時計と言うのは本当に久しぶりで、かなり期待している。またデュオメトレはシリーズとなるそうで、これは新世代のコンプリケーションラインとなるのであろうか?SIHHが始まった次の日にはもう次年度の新作が楽しみになっているからあきれたものである。そう、今年はこれまでダメダメであったJLCが、やっと上向いた年になるのかもしれない。なんかターニングポイントを感じさせる時計である。評価はあくまで実物を見ないと言えないし、また続くかどうかは来年を見てみないとなんとも言えないが。
そのほかのコンプレッサー系は、W-Alarmとダイビングクロノは今一と感じたが、1000mは悪くない。
Mcdivingprogeo_2
破綻の一途をたどってきたダイヤルデザインに関して言えば、ここ数年これでもかと不安定な位置にロゴやインダイヤルを配置し続けてきたわけであるが、一転JLロゴを12時下に、そのほかのインデックスもなるべく正規の位置に置かれている(T2氏の指摘どおりである)。これだけで本来時計の持つべき安定感が出て、見ていて安心感を与えるものとなっている。そう、私はJLCにエキセントリックなデザインは求めていないのだ。1000mに関していえば975をそのまま使っているのも時計のキャラクターにあっている。実物を見てみないと、また値段を見てみないと評価できないが、意外と悪くないというのが今のところの私の第一印象である。
またディープ1以来となる機械式深度計つきダイヴァーについて。これもケースは変なデザインであるがダイヤルデザインは安定感が増したし、針も短いのであるがインデックス外端まで届くようになっている。細かいがこういう基本的なことが機械式時計には極めて重要である。ケースデザインは、その水深計の機能の為であり、機構とマッチしているのはむしろ歓迎で、そもそも結構コアなダイバーな私にとってこれは本当に「腕にしてみたい」と思わせるものである。左手にこれ、インフレーターにアラジンでロクハンカブリがカッコいいのでは無いか?
総じて昨年までの間借デザイン、今年は一転少しおとなしめになった。Preで発表されたw-Alarmが従来路線だったので今年も厳しいと感じたわけであるが、蓋を開けてみるとなんか悪くないかも、という感じである(JLCが基本的にはものすごく好きなのでバイアスかかっているのは認める)。兎に角全てにわたって早く実物を見てみたい。
さて来年の話をするとあまりに気が早すぎるが、ぜひマトモなレベルソを出して勝負して欲しい。今年のモデルがターニングポイントになるかどうかは来年の新製品群を見てじっくりと評価したいと思う。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

JLC Pre-SIHH

JlcchronoすでにPでもTでも出ているネタだが、W-Alarmに続いて今年の目玉とおぼしき2作が発表された。
Duometre Chronographeについては、
一目見てカッコいいと思った。最近のJLCとしては悪くないのではないか?バカでかいのかと思ったらそれほどでもない42mmというサイズ、Ygのみ限定でPgとPtは先でも手に入りそうなことが意外であった。
さてこの時計の売りはメインバレルの手前にクロノグラフ専用バレルが存在すること、どこかの1/100クロノとは違い調速機構は一つであること、がJLCらしいと思った。また6振動のフドロワイヤントも良いではないか。さてリンクはこの難解な輪列が載っているものである。設計や原理についてはもうすこしじっくりと考えてみたい。
私がこの時計で最初に気がついたことは、「針のクオリティが目覚ましく上がったこと」である。ランゲを除くリシュモン系全体に言えることだが針のクオリティが低いというのは多くの賢人が気がついていることであろう。JLCも自前の青針以外はあまり褒められたものではなかったのだが、この時計の針は実に素晴らしい。突然変異であるとすら感じられる。これがこのモデルだけでなく、今後につながることを切に願う。

さてもう一方のMaster Compressor Extreme LAB.
これは正直ガッカリした。独創性を追求するかのような少人数プロジェクトで生まれたユニークピースが、3年くらい前から各社で既に使われているシリコン系材料、さらには明らかにミルを意識した、というか影響されたと言わんばかりの材質とデザインは、どうだろう。
lubricant-free movementという概念は素晴らしく、実際にそのようなものを作り上げたことに対しては賞賛されるべきであろう。しかしながらそのハイテクをハイテクらしく見せるために、新素材系デザインとして唯一無二のものにここまで影響されなくても良いではないか。すなわちデザインコンセプトチームの創造性は、ムーブメント開発チームの創造性の足下にも及んでいないのである。
これは2003年頃から顕著に私が感じてきていたことであるが、外装のデザインの破綻/創造性の欠如は眼を覆うばかりである。
逆に従来のマスターケースにさりげなくこの機構が入っているようなもの、それこそがJLCの真骨頂なのではないか?

さて残りの新製品群についても写真は見ていないがTにある概略では、個人的な好みの対象となるものは数少なそうだ。またやはりGeophysicの出現は期待するだけ無駄であった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

ドットタイ

ButterflyついでにT.M.Lewinのタイを3本購入した。
全て同じデザイン・色違いのドットタイである。個人的には特に綺麗なラベンダーのものがお気に入りで、これをブレザーに合わせたりすると春っぽくてなんかいい感じである。スーツはストライプが多いのだが、最近買ったスーツやJktは無地が多くなってきており、逆にシャツやタイを綺麗なものにして遊ぶ、という趣向が多少出てきたような気がする。理由は単純で、UKのシャツ屋のカタログイメージに影響されているだけである。そんなことで写真は最近買ったラベンダー色のストライプのシャツとドットタイ、ちょっといやらしいかもしれないが綺麗な蝶モティーフのチェーンリンクスである。

ちなみにドットタイ趣味はもうここ10年くらいなのであるが、なぜ同じようなタイばかり買ってしまうのだろう?それはなぜレベルソやJLCのクロノメーターを複数買ってしまうのか?といったことと共通したものがある。気に入ったモノはとことん、なのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

ドレスシャツ雑感

久しぶりの更新であるが内容はたいしたこと無いのでそのつもりで。
Bones
最近Charles TyrwhittのシャツをUKから個人輸入した。そこで驚いたのは、標準でついているカラースティフナがなんと真鍮製であったことである。T.M.Lewinのカラースティフナもプラスチック製にもかかわらず国産のペラペラなものに比べて随分と分厚くしっかりしたものであったが、標準が真鍮製とは恐れ入った。スターリングシルバーのスティフナがたいていUKのシャツ屋ではオプションとして売られているが、そのようなれっきとしたドレスシャツは、襟が非常にしっかりと作られているということでもある。Hilditch&KeyではMOPのものもある!

今までは国産のオーダーシャツか英国ライセンスもの(国内縫製やイタリア製)が多かったのであるが、襟がソフト→しっかり、の順で行くと国産→伊→英というのが大まかなもので、さらに生地についても同じ傾向があるような気がしている。
これは気候によるところも多いであろうが、シャツを一般的にどう着るか?ということにも密接な気がする。
日本では、ドレスシャツの下にTシャツを着ると言うのが一般的であろう。英国で下にTシャツが一般的に着られているかどうかは全く知らないが、ドレスシャツのルーツとしてはやはりそれは下着で(故に綿100%が前提)あり、少なくともポリの入った汗を全く吸い取らないペラペラのシャツはその用を成さないわけである。英国製のシャツは一般的に、少なくとも国産のものよりは生地がしっかりとしているのは事実であり、汗をしっかりと吸い取る機能は担保されている。故に下にTシャツを着なくとも不快では無い(と私は思う)。
とにかくシャツに関して、最近はUKからの個人輸入ばかりで、メイカーは違ってもデザインは全て「ワイドスプレッドカラー(またはカッタウェイ)、胸ポケット無し、ダブルカフス」なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »