« 今後のJLCを考える | トップページ | ドレスシャツ雑感 »

2007年2月 2日 (金)

Geomaticの機械

881g883s 881Gと883Sの違いについて記す。ソースはOldJLCの神、Z氏。
違いは、以下の2つのようである。(もっとあるかも知れない。)
1) ファインレギュレーションの形式
2) 881Gがスクリューリリース、883Sがステムクイックリリース

1)  については写真を見比べてみるとたしかに微妙に違う。素人目に見ても883のほうが素っ気ない作りになっているような。また2)については、Z氏はスクリューリリースのほうが良いんだから881から883になって、ダウングレードだ、と言っている。これは機械とケースのハマり方の差を言っているのだと思うが、定かではないので、お分かりの方がいたらぜひご指摘願いたい。
なお末尾の"S"と"G"であるが、"S"については、JLCからの公式な返事により”Stop Second”ファンクションのことである。
"G"はZ氏によるとGeomaticのGを取ったもの、とのこと。気になったので調べてみたら、私が知る限り末尾にGの記号がついたJLCのムーブメントは881Gだけのようで、信憑性がありそうである。

|

« 今後のJLCを考える | トップページ | ドレスシャツ雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160208/13761535

この記事へのトラックバック一覧です: Geomaticの機械:

« 今後のJLCを考える | トップページ | ドレスシャツ雑感 »