« レベルソの意外な魅力 | トップページ | Geophysicについて少し »

2006年11月19日 (日)

時計の厚さについて

いままで時計の大きさにはこだわってきたが厚さについては正直無頓着とまでは行かないが、それほど気にしていなかったことに気がついた(TSS師のアンケートに答えて気がついたモノである)。
そこで、私の手持ちの時計について、その厚さをノギスで測ってみた。
結果は、直径も一緒に記すと

Geophysic: t=10mm  d=35mm
Chronometre Royal: t=10mm d=35mm
Reverso memory: t=9.6mm
Reverso moon: t=9.7mm
Tudor prince: t=10mm (サイクロップレンズ含まず) d=34mm
Benzinger: t=11.2mm     d=33mm
Hentschel H1: t=10.3mm  d=36.5mm
Submariner: t=10mm (サイクロップレンズ含まず) d=39mm

と、ほとんど厚さ10mm前後に集中していることが判明した。
特に、GeophysicやChronometre Royalは直径が35mm、厚さ10mmとディメンションが全く同じ(機械のサイズが全く同じなのでこうなるのも必然性があるが)で、このサイズと厚さこそが私の好みのスタンダードなのではないか、との考えに至った。H1は36.5mmで10.3mmと、なにかこの辺でもある種の法則性が感じられる。

仮説を立てるとすると(Benzingerは若干厚いが)厚さの約3.5倍が直径、というのはある種の黄金率のようなものかもしれない。直径を厚さで割った比(d/t:サイズレシオと勝手に命名する)は、手持ちの時計では2.95〜3.9程度までばらつくが、その中でも3.5近傍にピークがあるのだ。
よって、私にとってd=35mm,t=10mmというのは過不足無く丁度良いのかもしれない。
一つ気がついたのは、レベルソはもう少し厚いと思っていたが、計ってみると結構薄いことが分かった。やはりラグが下がらずに真っ直ぐで、なんとなく浮き気味に手首に載るようなポジションを取ることがこのような印象を生んだ原因であろう。特にMoonは、クレードルも含めてこの大きさでこの厚さを実現しており、ベースムーブメントの822は薄い機械でありこれの恩恵を十二分に受けていると言うことだろう。JLCの技術力を改めて感じた次第である。

こんなことで嗜好をがんじがらめにするつもりは毛頭ないが、集まった時計がある種の傾向を示していることが面白いと思った。

|

« レベルソの意外な魅力 | トップページ | Geophysicについて少し »

コメント

これ、自分でもやろうとしてましたけど、先を越されてしまいました(笑
私はさらにケース径とダイアル径の比率や、ラグ:ケース、ラグ:ダイアル、ダイアル:インダイアル、にも同様に何がしかの傾向が出てくるのではないかと常々思ってます。
そしてそこにはフィボナッチな感じがありそうな気もしてます。

投稿: alpaka | 2006年11月24日 (金) 14時43分

ケースサイズの比に関しては、色々とパラメータがありますね。
私はとてもそこまで考え付きませんでしたが。これを全部比較して一表まとめると面白いと思います。
alpakaさんがお持ちの時計群でぜひまとめてください。私も便乗します(笑

投稿: レベルソ好き | 2006年11月24日 (金) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160208/12737768

この記事へのトラックバック一覧です: 時計の厚さについて:

« レベルソの意外な魅力 | トップページ | Geophysicについて少し »