« スウォッチグループの話 | トップページ | 私の一年 »

2006年8月 7日 (月)

とりあえずスクアドラをいじってきましたが

デカい。とにかくデカい。
ここ数年のJLCの変化の潮流はこのスクアドラをもって完結と言うか新たなるフェーズに入ったと言うか、そんな印象を受けた。
まずケース。JLCがクラシックラインと呼ぶ従来のレディ、クラシック、GT、XGTの各サイズのケース断面は楕円形である。スクアドラはこれがはっきりと八角形になっており、エッジを効かせたデザインとなった。このエッジというかシャープなラインはラグまで一直線に入っており、あのやわらかい形状が無くなったこと、正方形のケースとあいまってレベルソのイメージはかなり薄らいでいると感じた。印象として近いのはZenithのポートロワイヤルである。あの摩天楼をイメージしたとか言うやつだ。デカさも近いと思うし、要はなんかイロモノチックなのだ。
ただし、ケースの仕上げそのものはJLCらしく、かっちりと出来ている。この出来に文句付ける人は少ないであろう。ケースバック(クレードル)もJLCクオリティ。竜頭はケースの断面形状に合わせたであろう新しい八角形のもので、これはケースの意匠と良く合っており悪くない。ラグの形状は、XGTでもかたくなに下げなかったがスクアドラはついに手首側に垂れ下がった形状を採用した。クラシックラインのようにまっすぐな形状を採用すると、もはやデカすぎて装着製に破綻が生じるためであろう。結果として手首への座りはXGTレベルソよりも少しマシなものになっている。
文字盤の作りそのものはJLCの平均的レベルであるが、タコ印刷のビビリ(クロノス9月号の表紙を良くご覧あれ)などクオリティは下がっているかも。あくまで写真の個体の問題かもしれないが。デザインは好き嫌いあると思う。針はJLCらしく平面的。以前から思っていたことだが、JLCの時計の針は総じて、ケースの出来などに比べて悪いと思う。PGサンムーンやWGデユエットなどの自前の青針は素晴らしいが。
いじったのはクロノで、これはシースルーバックで例のFP改の機械が見える。97*系の機械も含め、最近のJLCの機械の仕上げは明らかにワンランク落ちた。残念だがこれは断言できる。地板のブラスト面(磨いていない面)は増えているし、新規開発した機械の地板やブリッジの形状もなにか魅力を感じない。設計の合理性は分かるが、引き換えに機械式ムーブメントの本質的な魅力に欠けてきている、と感じるのだ。
フォールディングバックルは新しい両開きのモノがついており、繊細な印象からどちらかというと無骨に近い印象になった。これもなにかZenith的な感じがする。
スクアドラのブレスモデルもあったのだが、この重量感は尋常ではなく、またブレスそのものの芸風も変わった。ものすごく分厚く、デザインされており、可動範囲も狭い。そしてエッジを効かせたデザインはROを思い出させるが、あれよりも断然分厚いのだ。駒そのものは非常に良く加工された形状をしており、製造手間もかかっている。しかしとにかくあまりの変化に旧来のモデルのユーザである私はついていけないのである。
それ以外のモデルにも一応言及しておくと、グランドレヴェイユやマスターカレンダーはでかくて分厚いし、今年はついにジオグラまでデカくなってしまった。かろうじて生き延びているのはRDMとMUTだけだが、ディスコンも時間の問題だろう。唯一良いと思ったのはレベルソデュエットデュオ。間借デザインは女性用にのみ、私は認める。
グランドサンムーンについてはSSはバカ売れするだろうが、機械の星座彫りでなんかこれもイロモノ的になってしまった印象。
そんなことも含めて私の好みの全て正反対に進んでいる今のJLCのプロダクト、今年もさらに失望感を深めたのだった。
希望の光はスーパーコンプリレベルソに積まれた楕円アイソメーター脱進器、あれがこなれて超高精度手巻きモデルが出現する可能性くらいか。

|

« スウォッチグループの話 | トップページ | 私の一年 »

コメント

ご無沙汰しております、EQUINOXです。いつも楽しく読ませていただております^^スクアドラには全く興味はないのですが、Ca.977のパワーリザーブが65時間に伸びているのが気になっています。機械の仕上げについては確かに数年前に比べて落ちているように見えますね><

投稿: EQUINOX | 2006年9月22日 (金) 23時21分

ご無沙汰しております。コメントありがとうございます。
たしかに977のパワリザ伸びてますね。気がつきませんでした。
SPYR歯車の伝達効率が良いという素質と、歯車の製品安定性が増したのでメインスプリングをもう少し薄いものに出来た、ということでしょうか?勝手な想像ですが。
機械は仕上げが落ちたと感じますが、どちらかというと「仕上げていない面が増えた機械になった」といった感じかもしれませんねえ。ただ以前の機械よりもパーツパーツで見てもなんかざっくりした感じになってますね。

投稿: レベルソ好き | 2006年9月23日 (土) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160208/11326185

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえずスクアドラをいじってきましたが:

« スウォッチグループの話 | トップページ | 私の一年 »