« 私の一年 | トップページ | HENTSCHELの店頭価格 »

2006年8月29日 (火)

今年の潮流Part 1

デテント変形脱進器について。APとJLCというジュウ渓谷を代表する高度な技術力・旺盛な開発力を誇るメゾンから出てきたこれらは今年の大きなトピックであることは間違いない。
ロビンエスケープメントの問題の解決方法についてはクロノスの記事を読んで大まかには分かったつもりだが、このL型のレバーがテンワの振動により微妙に出し入れされて衝突を防ぐと言うのはやはり相当なパーツの工作精度と組み立て精度が要求されるであろう。実際に調整そのものも大変そうな気がするが、実現される精度は記事を読む限りやはり凄い。パピの凄さを感じる記事だ。

一方JLCの楕円アイソメータ脱進器は、どこから出てきた機構なのかはナゾであるが、機構としてはこのルビー円柱の側面でガンギの歯をストップさせている。このルビー円柱がシリンダー脱進器のように二百何十度も回転するわけでは無いのだが微妙に回転するということで、わずかではあるが理論上Frictional restが発生する。テンワは完全にデタッチされているのでシリンダーとは大いに異なるのであるが、APのロビン改よりもなんか時代に逆行しているような気がするのだ。

さて本来デテント脱進器(クロノメーター脱進器)を持つ時計は、ジンバルで常に水平を保たれているもので、これが辣腕時計師による調整がなされれば日差1秒以内なんてのは当たり前の世界である。凄いのは日差よりもisochronism調整によりぜんまいの巻き上げ具合によらない等時性が担保されていたことである。日差というのは、毎日同じ時間に時計を見るとたまたま合っているだけかもしれない訳で、全ての時間においてダーっと一定の進み遅れがキープされることこそが凄いのである。

さて腕時計は腕に巻かれているわけで、ジンバルによって水平が担保されうるはずが無く、あらゆる姿勢でこのデテントとして本来持ちうる精度をたたき出すとしたら凄いことだ。ただ等時性を出すためにはトルクを極力一定にしなければならないが、トルクの発生源が香箱である限り巻き止め機構をつけても本質的に均一なトルクになるわけも無く、ここはやはりFuseeを登場させると言うのが歴史的に正しいアプローチなのでは無いかと考える。もちろんルモントワールなどの方法はあるし、新型デテントと組み合わされば凄いものになるであろう。しかし個人的には、やはりデテントには鎖引きが良く似合うと思うのだ。
そんなわけで、究極の理想を言えば新型デテントには鎖引きを合体して欲しい。鎖引きの腕時計と言えばプール・ル・メリットなわけだがこれを考えても一体いくらになるのやら?
顔はスモセコのでかいローマ数字の英吉利干支でぜひ。針はペアシェイプに決まっている。金側あるいは銀側も良いのでは無いかと。さらにはデテントは音が大きいのも魅力の一つな訳で、ぜひ動作音にこだわった時計が出ないものか。

なお、私の1840年製スプリングデテント(ポケットクロノメーター)は、平置きと12時位置上(本来の懐中が吊るされている姿勢)では、信じられないほど精度が異なる。やはりデテントはマリクロなのだろう。

デテント以外にも、ユリス・ナルダンの160周年モデルも面白いが、実際に手に取ることができたブレゲのシリシオンについて少しだけ。
ダイヤルは変だが、機械は結構凄い。FP改であるが脱進器周りは要注目である。テンワは小さいのだが、例のブレゲ型にマスロットのある部分がへっこんでいて、さらにブラストと磨きの二段階仕上げがなされており、小さなミーンタイムスクリューが4つつく。しかも個人的に今激しく魅力を感じる四本アミダなのだ。このテンワはその小ささゆえ、よくこんなものを作ったな、と非常に高い工作精度を感じることが出来、小ささが逆に凄みと感じる面白いモノだ。
シリコンヒゲがまた凄い。ヒゲの巻上げ(性格には巻き上げていないのであるが・・・フォトレジストですな)間隔が、見慣れた一般的なヒゲの間隔と異なり極端に、もう全く見たことに無いくらい狭いのだ。そのぎゅっと凝縮した感じとものすごく良く出来た小さなテンワ、これらが組み合わされた結果、今まで見たことも無いような緻密な脱進器がそこに出現。ローターは邪魔だがこの脱進器は一見の価値がある。かなりのインパクトが私にはあった。

今だから出来る、機械式時計産業にとって全くの新技術を古の機械式時計技術に投入するという、面白くもバカバカしい手法は今後一体どこに向かうのだろうか?ここ数年はこの潮流に注目である。

|

« 私の一年 | トップページ | HENTSCHELの店頭価格 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160208/11672073

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の潮流Part 1:

« 私の一年 | トップページ | HENTSCHELの店頭価格 »