« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月19日 (日)

某マニュファクチュールの

クソデザイナーに捧ぐmagali

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

Cal.818と822について

@Unitasオフで「いつも読んでるからもっと書いてくれ」などと嬉しいお言葉をいただいた。よって調子に乗ってまたまた駄文をアップするのである。
818系は9リーニュのスモセコ輪列を持つ、一昔前にJLCではかなり多く用いられていた機械で、VCにも出していた。VCに出していたのは818/5とほぼ同じと思われFine Regulatorがつき、21石になった高級仕様である。製造は50年代からと思われ、多分30年以上作られ続けたと思う。
設計で面白いと思ったのは、818の17石仕様(818/2および818/3)は、2番の石がなくてこの2石はなんとガンギ車のCapped Jewelで、さらに耐震が付いていること。これが818系の特徴かと思っている。
特に818/5およびVC1014は21石仕様で、ガンギの受けにもCapped Jewelと耐震を持つ822と全く共通しているし、なにより2.94mmという厚さが1/100mmまで822と同じというのは興味深い。
形以外に異なる点は、818系は5振動、822は6振動であるが、822の前身となった824は5振動であることを考え、以下のような仮説を立てた。
「乱暴に言うと、822(824)は、チラネジがついたテンワ以外の各車類は818と共通であり、地板およびブリッジを新造して角型にしたものである。」
いかがであろうか?特に良く見える2番は明らかに同じものかと思われる。
ただ大きく違うところは、818は日の裏側から4番→3番→2番の順で重なっているが、822は3番が一番日の裏側に近くて4番と2番がほぼ同じ高さになっていることだ。これは、角形にすると4番とテンワが干渉するためにこうもってきた。その結果テンワまわりに多少余裕が生まれたため、遊び心でチラネジをつけたというのがギニャールさんの思考の中にあったのではないか?というのは二つの機械をむりやり関連付けながら私が思ったことである。
もしそうなら、やはり822は古典機の範疇に入る名機かと思った次第。
なお、現在のバイメタル切りテンプでない、グリュシデュールのモノメタルにチラネジは作るのもめんどくさいし空気抵抗は増えるし正直全く意味がない。ただ見た目のためだけについているというのもギニャールさんの心意気を感じることが出来、822系はなんだか嬉しい機械である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

JLC Cal.449/450系について

12-1/2リーニュの丸型機械である449(スモセコ)、450(センセコ)系は30年代後半からJLCの丸型では中心的機械であった。その仕様は年代によって細かく異なっている。449/450はブルースチールのブレゲヒゲにバイメタル切りテンプ。ヒゲの変更やテンプがモノメタルになったり、石数が変わったりブリッジの形状が多少変化したりと、細かく仕様変更しながら進化してきた。私が分かる限りでその過程を示すと、
スモセコ系:449→463→469→479
センセコ系:450→468→478→488 (→488/SBr→478/BWSbr)
(478と488はどちらが最初に出現したのかは不明。488→478の可能性あり)
さらにこれらにA~CやW、Sなどアルファベットや数字がついた、450/A, 450/C, 468/A, 469/A, 469/1Cなど膨大な派生ムーブメントがある。ざっと20種類を超えるくらいになるのではないか。さらにトリカレモジュールなどが付加された有名な464/Aなどがある。さらに452,453はVCに出しており、これはブリッジの形状がVC仕様となるが間違いなくJLCのオリジナルである。なお452/453は478BWSbrに非常に近いチューンを施し(ストップレバーをつけてクロノメーターを通した)、VC1007/1008となった。これが有名な手巻きクロノメーターロワイヤルである。こんなわけで歴史を紐解くと、改めて手巻き丸型機械の名機と実感する。
さて標準的な仕様について。まず輪列はSavonnette型のスモセコであり、センセコは全て出車式。角穴車・丸穴車は一番ブリッジにてカバーされている。449/450など初期はスイスモノらしく4番ブリッジが分かれていたが、468あたりから一体ものとなり、大きなプレートとなる。またMk11に採用された488SBrは、ブレゲヒゲでありさらにハック機能も付加された仕様であった。ノーマルの478は平ヒゲであるが478BWSbrはブレゲヒゲに戻り、ハック機能が付加され、さらにスワンネックファインレギュレーターが装備された。なお意外だがJLCの腕時計史上スワンネック仕様は珍しく、私の記憶では本機械と879(Reverso‘70eme), 849RSQ(ReversoPtNo.1), 872(Master8Days)くらいしかない。2000年代の機械ばかりである。
なお写真はCal.450/Cである。450-C

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »