« 去年の総括と今年の展望 | トップページ | 懐中の普段使いについて »

2006年1月 4日 (水)

Cal.970と975

JLC Cal.970の写真を手に入れたので、貼っておく。(PuristSの975も)私はこの970の現物を、昨年とあるJLCのイベントで時計師(マルク・ゲランさん)に説明してもらった。970
975
Nika師はJLCのギニャールさんに聞いたところ「975はもともとレベルソの機械として開発された」とのことであるが、こうして見てみると975の輪列はなるほど角形ムーブである。角形機械を丸にスープアップするこの手法は875(レベルソグランドデイト)→877(マスターエイトデイズ)の手法と全く同じ。97*系は丸形の方が先に出たので順番は逆であるが。
ついでにそのイベントの時の写真もアップ。なかなか豪勢なイベントであった。

JLCevent_1

|

« 去年の総括と今年の展望 | トップページ | 懐中の普段使いについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160208/8002696

この記事へのトラックバック一覧です: Cal.970と975:

« 去年の総括と今年の展望 | トップページ | 懐中の普段使いについて »